スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走に入った

イソギク


本日から12月である。振り返って見ると一年なんてアッという間に過ぎてしまう。Blogも今年はあまり記載しなかったし、今月もどうなるのか分からないのであるが月始めくらいは書いておきたい。

先日からPCの調子が悪くなり、スタ-トアップ出来なくなってしまった。色々と試して見たのだが、改善されず仕方が無いので、システムの入っているCドライブのみ再インスト-ルし直した。backupをCドライブのドキュメントに保存していたものだからメ-ルのアドレス、各種パスワ-ド等が不明となってしまった。これは大変反省させらる所であった。他のメディアと紙に記載して残しておかないと問題が有るので今後はそうする事にした。

以前のものは丁寧に紙に記載して残していたので、プロパイダ接続やメ-ル接続は問題無かったのでは有るが、ウィルスソフト等の接続パスワ-ドが不明となり問い合わせで確認して復旧は出来た。

今週の日曜日に広島市植物公園へ行ったのだがその折に撮影した花の画像も全て無くなった。紅葉を見に最初は宮島に出向こうと思っていたが、宮島口付近が混雑しているとの事だったので急遽、植物公園へ出向く事とした。

植物公園の樹木の植えてあるゾ-ンも紅葉がとても綺麗であったのだが、今年はモミジバフウの紅葉があまり綺麗では無かった。11月の暖かさが響いていると思われる。そう言えば自宅の皇帝ダリアもまだ沢山の花を付けているから、今年は少し晩秋の気温が高かったと言う事になる。

この時期は本来は花が既に少なくなっているのだが、今年はそういった影響からか、ノギクと言われる花も沢山植物公園には残っていた。アシズリノギク、ナカガワギク、ダルマギク等は沢山花を付けていた。その中で中国地方では野生種の無いイソギクも多く見られたので本日はイソギクについて記載しておこう。

この菊は、東日本の限られた地域(東日本の千葉県の犬房埼から静岡県の御前崎、伊豆諸島の海岸線の崖にしか自生しているものは無い)でしか自生していないのだが、古くから栽培されているので、色々な場所で見る事が出来る。

花が小さくて筒状花のみで構成されているので、菊人形の着物等に使われる事が多く、古くから栽培されているらしくて、意外と身近で見ていたかも知れない。野菊は元々、交配しやすく、植栽されている家菊との交配種が出来て、舌状花を持つハナイソギクと言う種類の菊も有る。

イソギクは磯に咲く菊と言う事で、名前が付けられた様で有るが、四国の徳島県から高知県にかけて、同じ様な筒状花からなるシオギク、紀伊半島に分布するキイシオギクと言う良く似た花が有るが、こちらは塩菊(潮菊)或いは潮風菊と呼ばれている。イソギクの場合は太平洋側に咲いている事を意味する学名pacificumが使われているが、シオギクの場合は和名がそのまま学名、shiwogikuとして使われているのも面白い。両者は一つ一つの花の直径が違い、イソギクが5mm程度で有るのに対して、シオギクは10mm程度と大きいらしい。キイシオギクはイソギクとシオギクの中間型との事だ。

isogi_201101.jpg

全体の姿

isogi_201102.jpg

花の拡大


*******************************************************
イソギク
キク科キク属
Chrysanthemum pacificum

千葉県の犬房埼から静岡県の御前崎、伊豆諸島等の太平洋岸の崖等に分布する多年草。栽培している場合も多い、筒状花からのみなり花径5mm程度のものが密集して、茎先に付く。葉は厚くて、表面には腺点が有り、緑色だが、縁が白くなっている。葉の裏は微毛が密集しているので銀色に見える。

存在感が有る。

皇帝ダリア

今年も自宅の庭の片隅に植えてある皇帝ダリアが沢山の花を咲かせ始めた。晴れた日には木(草)の?根基に立って見上げると青空をバックにしてピンクの花がとても映える。昨年よりも草丈が高くなり支柱を継ぎ足しているのだが、4m近くになっている。
昨年春に購入した株なのだが、冬になって枯れたが今年はその根元から芽が一つでて大きく育った。来年に向けて今年は増殖する予定なのだが、あまり増やすと草丈が大きくなるので支柱を立てる問題が残るのだが。

花が良く目立つので、近所でも評判となっていて植えたいと言う方が多いのだが、先に書いた様に草丈が大きくなるのでちよっと面倒かも知れない。広島市立植物公園でも沢山植えて有りこの時期訪れると7m近くの大株も有り沢山花を咲かせて
いて、存在感が有る花である。

ダリアは、矮性ダリアの様に草丈が30cm以下のものから、このコダチダリアの様に数mにもなる様々な品種のものが作られているが、元々はメキシコからグアテラマにかけての高地に自生していたものを、スペインが中南アメリカに侵略した時に、スペインにもたらされて以降品種改良されて、多くの品種のものが作られ、現在では、数百種の品種が世界で作られている様だ。

コダチダリアは英名がTree Dhaliaと書くので日本へ渡来した時に、草丈も大きく木の様だから、そのまま直訳されたのだと思うのだが別名の皇帝ダリアはダリアの中では一番大きな草丈となり花も大きい事から、いかにも皇帝の様に威風堂々としている所から来ているので有ろう。

koutei_da001.jpg

全体の姿

koutei_da002.jpg

花の拡大

*******************************************************
コダチダリア(皇帝ダリア)
キク科ダリア属
Dahlia imperialis

メキシコやグアテマラ等の高地原産の多年草。ダリアの中では一番草丈が高くなり3~6m位になる。花は11月頃から
12月初位に背丈の高い茎の先端が枝別れしてピンク色の花を付ける。別に白花種もあるらしいのだが、栽培されているものはピンク色が多い。コダチとは木立と書くので有るが、木の様に草丈が伸びる事と英語名がTree Dhaliaから付けられた。皇帝ダリアの名前は、多分、多くの品種の有るダリアの中で一番大きいから付けられた。

あっと言う間に中旬

ウィンタ-コスモス
(ビデンス 'イェロ-キュ-ピット' )


11月の文化の日に蒜山と大山の紅葉でも見に出向こうと出向いたのだが、大変な混雑だったので蒜山から大山に向かうスカイラインの途中の御机で大山方面へは行かずに根雨のオシドリ観察小屋と金持神社へ参拝する事にした。蒜山から御机までのスカイラインは鬼面台の展望所の駐車場は車が駐車出来なくて道路に車が沢山停車していて走行にも支障を来す状態だった。大山は上部が雲に覆われスッキリとした状態では無かったのだが、南壁の裾野は紅葉が始まっている様に見受けられた。今回は登山をするという目的では無かったので家を遅く出たのと祝日で有ったので混雑したので有ろう。一応御机の大山観賞スポットで駐車して雲のかかる南壁を眺めたので有るが、やはり平日に来ないと十分堪能出来ないと思った。

根雨に出てそろそろオシドリが飛来しているのではないかと考えて観察小屋に行って見ると、管理している人が大分観察小屋の周辺に来始めたと言っていたがかなり遠くにいて双眼鏡或いは観察小屋に設置して有る単眼のフィ-ルドスコ-プで見なければならない状態で有った。しかし暫くすると自分のズ-ムレンズでも捉えられる位置まで寄って来たので数枚撮影しておいた。

オシドリは渡り鳥で、日本の東北以北で夏繁殖し、冬になると日本の南部で越冬するらしい。特にオスの羽の色は綺麗で有り好まれる野鳥の一種だと思う。オシドリ夫婦との例えが有るが、実際は繁殖期のみの行動で他の時期はそれほどでも無いらしい。

oshidori001.jpg

オシドリ


オシドリの観察を終え、近くに有る金持神社と言う変わった名前の神社に行って見る事にした。以前から名前は知っていたがどんな所だろうかと思い出向いて見ると、結構参拝客が多い事で少しびっくり、金持神社の由来は、公式HPに記載してあるので省くが金運祈願或いは御礼と言った参拝客が多い様で有る。しかし自分はあまりご利益がなさそうで有る。
神社自体は自分の住んでいる地区の氏神様の社殿よりも小さくてあまりパッとしないのだが......

kanemochi01.jpg

金持神社


11月初旬から少し気温が高かった日も有り今年の晩秋は暖かいなあと思っていると、ここ数日平年並みの気温となり、来週辺りから寒気が入って来るとの気象情報も有り段々と冬に近付いてくるのだなぁと....あっと言う間に中旬そして年の瀬となる。

自宅の庭のこの時期の花と言えばサザンカ、ウィンタ-コスモス、菊、皇帝ダリアで有ろう。皇帝ダリアはやっと数輪開花しているが来週にはかなりの数の開花が見られるだろう。ウィンタ-コスモスは、ビデンスが正式名称で、自宅のものはイエロ-キュ-ピットと言われる品種の様で有る。花はアチラこちらに勝手に増えていて、群生していないし、ヒョロヒョロとしていて茎が曲がっているものが多く綺麗な花姿とまではいって無い。花は可愛くて良いのだが、ヒョロヒョロとした草姿はあまり好感は持っていない。繁殖力旺盛であるが結構、庭のあちらこちらに飛んで育つのでかなり抜いてしまう少し雑草扱いのものでも有る。

winter201101.jpg

ウィンタ-コスモス

winter201102.jpg

花の拡大

*******************************************************
ビデンス
キク科ビデンス属
Bidens laevis

南アメリカ原産の半耐寒性の多年草(ウィンタ-コスモス)。花期は11月頃から、翌年の春頃まで、矮性種とやや草丈が高くなるタイプが有り、別名に菊咲き栴檀草の名前が有る。花がコスモスに似ていて、冬の時期に咲くのでウィンタ-コスモスと言う流通名で通っている。

11月に入った

ツワブキ

本日から11月、もう今年も残すところ、ふた月となってしまった。これからこの地方は紅葉が話題となり秋が過ぎて行く感じで、冬の到来も近い。

先週の土曜日と今週の日曜日にかけて、地区の神社の秋の例大祭が有った。地域の氏神様で結構古くから住んでいる方には子供の頃に神社の境内で遊んだ思い出が多い様で有る。その前の週に神社の草刈をしたのだが、少し小高い所に建てられているので、斜面の草を鎌や剪定ハサミで取り除いて一応綺麗にした。その折に結構色々な秋の草花が咲いているのに気が付いた。コウヤボウキの白いリボン状の花やツワブキの黄色い花が目立った。

良く見て見るとツワブキは昨年も咲いていたのだが、少し数が増えた感じがする。自宅のツワブキも数株有るのだが今年は花を咲かせてくれた。多分昨年は貰った株が小さかった為か花が付かなかったが今年は咲いてくれたという程度。シュウメイギクとタイワンホトトギスの間に数株を移植したので、今年はそれらの花色(ピンク、濃ピンク)を背景として黄色の花色が映えている。

最初の株は桜(シナ実桜)木の下に植えたのだが、そちらはヒンデス(ウィンタ-コスモス)の花色と同色であまり目立たないので少し移植したのが正解だったかとも思っている。

ツワブキと言えば、島根県の津和野町がこの付近では有名で有るが、萩市から下関方面へ向かう海岸線のツワブキの群生も綺麗だ。この時期、その海岸線の島の角島はダルマギク、ホソバワダンそしてツワブキが群生しているのを思い出した。先日、NHKのBSで火野正平が出ている番組「にほん縦断 こころ旅」で角島の事が紹介されていたが、ダルマギク等の花の映像は無かった。55日目の絶対、"角島"と言う内容で、投稿者が「沖縄!?」と思う位キレイだった。秘密だけれど彼氏が代わるたびに行きます...なんて.....

ひとそれぞれ心象は異なるからなんとも言えないけれど、さて自分だったら何と書くのかなと思った番組内容だった。

01no1.jpg

全体の姿

01no2.jpg

花の拡大

*******************************************************
ツワブキ
キク科ツワブキ属
Farfugium japonicum

福島県より以西の本州から琉球諸島にまで分布する多年草。葉がつやつやとしておりフキの葉に似ているところから艶の有る葉の蕗から転化したものと思われる。花は茎の頂部に4~5cm程度の散房花序で数輪黄色い花を付ける。

秋も少しづつ深まって来た

キンモクセイ

秋も深まりを見せて少しづつ朝夕は寒くなって来ている。やっと昨日ゴ-ヤとアサガオのネットを始末した。そして皇帝ダリアの背丈がこの所随分と高くなって来て頂上部が少し曲がって来たので脚立を出して来て添え木に沿わせてやった。自宅のものは背丈は低いのだが、それでも3mは頂上部まで有る添え木も4m程度だからそのうちに越えてしまうかも知れないが..............また、低いところではツワブキも沢山蕾を付け始めたから晩秋の時期に庭の花も変化して行っている。

秋風に乗って微かに香りが運ばれて来るものにキンモクセイ(金木犀)の花の香りが有る。近くでは、春のチンチョウゲの花と同じ様に香りが強すぎる。だから、何処からともなく風に乗って来た香りを嗅いで、あぁ、もうこんな季節なんだと実感するのが良いと思う。

漢字で金木犀と書かれるのだが、原産地の中国の桂林地方の桂の事を、中国では、木犀の事を呼び、花色が黄色から橙色であったから付けられた名前の様で有る。他方、木皮が、動物の犀の色に似ているからだと言う説も有る。

幹も大分大きくなって来たので、樹皮の色がはっきりと分かるので、これを見ると犀の皮に似ている色かなと疑問にも感じていたので、この夏、広島市立安佐動物公園に出向いた折に見た犀或いは象と思いだして比較して見ると明るい灰色がかった色だったのでそうかも知れないな等と少し納得している。

kinmoku2011_01.jpg

全体の姿

kinmoku2011_02.jpg

花の拡大

*******************************************************
キンモクセイ
モクセイ科モクセイ属
Osmanthus fragrans var.aurantiacus

中国南部(桂林地方)の原産の常緑小高木。江戸時代の頃に渡来し、香りが良いので庭木として植栽されている。本来は雌雄の株が有るのだが、日本へ渡来した時に雄株しか渡来しなかったので、種子は出来ないそうで有る。香りは昔はトイレの消臭として使われた様だが、最近は種々の消臭剤が有りあまり見られなくなった。

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。