FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お彼岸

ヒガンバナ

昨日は秋分の日で有った。台風15号が抜けた後、久々に爽やかな秋空が広がり休日と言う事も有り、家の前の県道は朝から車の往来が激しかった。多分、気持ちの良い秋空を満喫しようと奥地の方へ入る車が多かったと思う。

自宅の庭の片隅に咲き始めたヒガンバナが有るが、自宅から近いダム湖の周辺の自然?に咲いているヒガンバナを見てみたくなり散歩と兼ねて出向いて見た。ヒガンバナは曼珠沙華とも呼ばれる多年草で、秋のお彼岸頃に赤色の花を咲かせるので付けられた名前。

曼珠沙華とは梵語で「天上の赤い花」という意味だそうである。日本に有るヒガンバナは遺伝子的には三倍体で、種子からは増えない。中国には種子が実るヒガンバナがあることから、古い時代に中国から日本に持ち込まれた「史前帰化植物」の一つと言われている。しかし、疑問が残るのだが中国のヒガンバナが日本に持ち込まれて種子の付かない3倍体に変異したのだろうか?どうも釈然としない。

ダム湖の周辺に色々な施設が作られて公園となっている場所が数ケ所あるのだが、どこもヒガンバナが見ごろを迎えているが、下草を刈る時に一緒に刈られてしまったのか以前見た時よりも数は少なくなっている様な気もする。このダムの周辺は岩根栗の農園も有り、栗の収穫の為か栗の木の下をかなり刈りこみをしている所も多い。その栗林の下にもヒガンバナが咲いていて栗の実の緑とヒガンバナの赤の対比がとても良い感じで有った。

自宅のヒガンバナは以前咲いていた場所があまりにも建屋の近く過ぎたので、家の者が嫌うので、庭の片隅に植えなおした。家内等は幽霊花と言ってとても嫌っているが、自分は緑の中に鮮やかな赤色が美しく感じられるので好きな花の一つであるのだが......。

higa001.jpg

里山に咲くヒガンバナ


higa002.jpg

栗の木の下に咲くヒガンバナ


higa003.jpg

自宅に咲くヒガンバナの拡大

*******************************************************
ヒガンバナ
ヒガンバナ科ヒガンバナ属
Lycoris radiata

日本全土の畔、川土手、墓地周辺等に分布する球根性の多年草。別名は曼珠沙華とも言われる。全草にリコリンと言うアルカロイドを含有する毒草で有るが、球根は長時間、水に晒すとリコリンが抜けるので飢饉等の時の食糧としたと言う説が有る。また、墓地の近くに植えられているのはネズミ、モグラ、虫等が鱗茎の毒を嫌う事から植えられたと言う説も有る。日本に有るヒガンバナは遺伝子的には三倍体で、種子からは増えない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。