FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快挙

[ツタバウンラン]

梅雨明け宣言が出されて、ここ毎日、熱帯夜が続き朝から暑い日が多い。台風6号が接近しており早朝からやや蒸し暑いが、早朝より女子サッカ-W杯の中継を見ていた。FIFAランク世界一位のアメリカに対してPK戦の末、ついにアメリカを破り世界一となった。素晴らしい事で今年の東日本大震災の被災地の人々や原発の事故の影響を受けて最近暗いニュ-スの多い日本の復興等を後押しすると思われる快挙である。いわゆるナデシコ・ジャパンの快挙に対して選手達に心からおめでとうと言いたい。

さて、最近場所が良いのか、ツタバウンランが相当繁殖している。それもエアコンの室外機の横に、少しどこかへ移動させてやりたいのだが毎日暑いので、そのままにしているが直径にして50cm以上になっている。

ツタバウンランは、過去にも(2009年5月17日2008年10月10日)取り上げているのだが、購入した覚えもないので、どこから飛んできたのか?分からない代物で有る。ひょつとしたら妻が人にアイビ-だとして貰って来たものが先祖返りしたものかもしれないが、何故か今年になって植えた覚えのない所に繁殖したのでちよっと驚いている。

花はゴマノハグサ科の特有の形態をしていて、小さな紫色から白紫でトキワハゼ等と良く似ている。花を最初に見たときにはマツバウンランにも似ていたが葉が異なっていたので違うだろうと思っていて放ったらかしにしていたら非常に繁殖して、ツタバウンランだと分かった。

確かに、アイビ-と言う名前も有り、コロセウム・アイビ-とも呼ばれる。また和名はツタガラクサ(蔦唐草)とも呼ぶらしくてこちらの方がこの花の名前としては有名な様で有る。葉が綺麗なのでどこかへ移植してもっと繁殖させてやろうとも思う。

tutabaun_00101a.jpg

全体の姿

tutabaun_00101b.jpg

花の拡大

*******************************************************
ツタバウンラン
ゴマノハグサ科ツタバウンラン(キンバラリア)属
Echinacea purpurea

ヨ-ロッパ(地中海沿岸)原産の帰化植物。蔓性の耐寒性の多年草で、花の形がウンラン(海蘭)に似ていて葉がツタの様な形から付けられた名前。別名はキンバラリア(シンバラリアとも言う)或いはツタガラクサ(蔦唐草)と言う。園芸種として、コリセウムアイビ-として出回っている。自宅に斑入りのものが一株鉢に植えて有るのだがそれほど増えなかったがひよっとして先祖返りしたのかも知れない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。