FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いのか悪いのか?

アカンサス

良いのか悪いのか?、松本復興大臣が被災地を訪れて、震災対策に被災地が具体的に対策を出さないと国は助けないと言った内容の発言をした様で有り少し配慮に欠けた発言だった気もする。しかし何もかも国任せでは、復興は進まないと言う趣旨だと思うのだが、この大臣の発言は以前も自民党、公明党、民主党も自分は嫌いだとか言ったものも有り、復興に全力を注ぐと言った様な内容で少し物議をかもした。大臣クラスともなれば自分の発言は慎重にやらないと良いことを述べても真意が誤解されかねない事になる。

植物園の花の進化園に植えられていたアカンサスで草丈が150cmを超えていたので一際良く目立つ葉の大きさは50cm以上のものもあり、ハート形が羽根状に深く裂け、刺のような鋸歯がある大ぶりの美しいツヤのある葉でアザミの葉にも良く似ている。

アカンサスも30種位があるらしいのだが、アカンサスモリスなのかアカンサススピノ-サスなのか良く分からない花は両者とも良く似ているが葉がやや細身なのがスピノ-サスらしいが、2008年7月10日に植物公園で見た花のBlogにトゲハアザミ(アカンサス・スピノ-サス)と記載したので、多分同じものなのだろう。

アカンサスは葉が繁り庭植え等をすると大変な事になると言うのだが、現在、自宅にルリタマアザミとヒゴタイを数本同じ所に植えてあるのだが、やや棘の有る葉が繁り少し大変な事になっているから同じ様な状況になるのだろうと想像する。

acansus_11001a.jpg

全体の姿

acansus_11002a.jpg

花の拡大

*******************************************************
アカンサス(トゲハアザミ)
キツネノマゴ科アカンサス(ハアザミ)属
Acanthus spp.

地中海沿岸から小アジア、熱帯アフリカ原産の多年草。古代ギリシャ建築に使われたコリント様式の柱の頭の部分は、このアカンサスが題材となっていて、アカンサス模様と呼ばれ現在でも図案のベ-スとなっている。一般にはモリスが良く栽培されているが、スピノ-サス、ペリンギ-等が有る。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。