スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカ-のW杯

カンパニュラ ラプンクロイデス

現在、サッカ-のW杯の女子がドイツで、17歳以下のU17がメキシコで開かれている。U17は現在決勝ト-ナメントで、初戦のニュ-ジ-ランドを下し、18年ぶりとなる8強となり、日本時間の明後日の7月4日にブラジルと準々決勝を戦う。

一方、女子の方は、FIFAランクが世界4位で、現在、予選リ-グが実施されているが、昨日の試合でメキシコ戦に勝ち、順当に決勝ト-ナメントに進んだ。昨日は澤のハットトリック等で4点を入れ圧勝した。

男子のU22の五輪代表も6月23日にクェ-ト戦を戦い2-1で敗れたが、日本での戦いで3-1勝利していた関係で、二戦の合計が、4対3となり薄氷を踏む感じで最終予選に進出している。

一方、フル代表は9月から2014年に実施されるW杯ブラジル大会の3次予選が始まる。既に、アジア1次予選が始まっていて、ランキング下位の台湾、フィリピン、カンボジア、ネパ-ル、モンゴル等が戦っている。これを勝ち上がると2次予選へ進み、更に日本、韓国、オ-ストラリア、バ-レン等の1次、2次予選を免除された3次予選に進む。

その予選は4チ-ム5組に分かれて、上位の2チ-ム計10チ-ムが2組に分かれ最終予選に出場し、そこで上位2チ-ムがアジア代表となるが、3位だと、3位同士がアジア地区プレ-オフを実施して、勝者が大陸間プレ-オフに参加して代表の座を争う。これらは、2011年から2013年までかかるので大変で有る。しかし、女子、若手が頑張っているのでフル代表とされる選手達もW杯出場をすんなりと決めて、2014年のブラジル大会では良い成績を残してもらいたいもので有る。

先日出向いた植物公園に、カンパニュラの花が沢山咲いていた。このカンパニュラ ラプンクロイデスは寒冷地を好むらしいが、耐暑性もあり良く植えられている花で有る。カンパニュラは小さな釣鐘と言う意味を持ち、風鈴草やベルフラワ-と言う名前も有る様だ。日本の山野草のホタルブクロやツリガネニンジン等もキキョウ科に分類されているが属は少し異なる。

カンパニュラですぐに頭の中に思い起こされるのはリストのラ・カンパネラで有るが、ヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章のロンド『ラ・カンパネッラ』を主題にフランツ・リストがピアノ用に編曲し作り上げた曲である。非常に難易度が技巧的に高いらしいですが、難易度の優しい方と難しい方があるとの事だが、私はピアノを弾いてないので分かりません。しかし難易度は分かりませんが良く演奏され耳にする曲は大変好きです。

campanula_rapunc001.jpg

全体の姿

campanula_rapunc002.jpg/p>

花の拡大

*******************************************************
カンパニュラ ラプンクロイデス
キキョウ科カンパニュラ属
Campanula rapunculoides

ヨ-ロッパ原産の多年草。細身の花茎に青紫の小花を下から上までびっしりとつける 大株に育つと無数の花茎を立ち上げ見事で、こぼれダネでよく殖え群生する。草丈は50~150cm程度で、開花期は7月~8月にかけて。夏越しの難しいカンパニュラだが、ラプンクロイデスは比較的暑さに強い。寒冷地ではよく育つ。別名はハタザオキキョウとして古くから親しまれている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。