スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリンソウが見頃と言う言葉に誘われて

クリンソウ

前々から行きたいと思っていた六甲山高山植物園へ出向いて見た。六甲山施設紹介のWebPageの六甲山高山植物園のスタッフからの一言に記載されていたクリンソウが見頃です!と言う言葉に誘われて出向いた。

自宅からだと日帰りはかなりハ-ドスケジュ-ルとなるのだが早朝に出発すれば何とかなるだろうと言う気持ちで出向く。高速道路の土日、休日の最大料金が1000円が20日過ぎると無くなり、遠くへドライブするのもあまり出来なくなると言う気持ちも有ったので、少々の無理を承知で行って見た。

山陽道、六甲北道路を乗り継いで10時過ぎに着いたのだが、未だ駐車場は空いていたが、帰りに見て見ると満車状態で有った。今はクリンソウが満開で有った。自生では無いが5000株程が湿性地に植栽されていてやや見応えが有った。

自生のものは見た事が無いのだが、植栽されているとは言え群生させているものが開花しているさまは壮観で有る。裏六甲山ドライブウェイから入ったので北入口から入園したので有るが直ぐに池が有り、そこにも少し植栽されていて、ややおかしいなと思いながら、ロックガ-デン、樹林地区等を散策しながら湿地ゾ-ンへ向かう。大勢の見物客が訪れ思い〃にカメラを構えて撮影をしていた。

クリンソウは図鑑の解説によれば、北海道、本州、四国の山地の湿地帯に生え、サクラソウと同じくハ-ト形の花びらが5枚有り、4~5段輪生して咲くと書かれている。クリンソウの名前の由来となった仏塔の九輪は九段であるから少し違うのかも知れないが、様子が似ているから付けられた名前なので有ろう。

一茶の句に「九輪草 四五輪草で しまいけり」と言うものが有るそうで、大げさな表現として九輪と名付けても当時の人達から異論が出無かったので有ろう。またこの花は日光の九輪沢で発見されたから、その名前が付いたと言う説もあるらしい。

kurinsou_001.jpg

湿性ゾ-ン

kurinsou_002.jpg

全体の姿

kurinsou_003.jpg

花の拡大

*******************************************************
クリンソウ
サクラソウ科サクラソウ属
Primula japonica

北海道、本州、四国等に分布する多年草で、湿地の周辺等に生育する。花期は、5~6月頃、赤色からピンク、白色の花を花茎に対して段々状に輪生して付ける。輪生する花の、幾段にもなった様子が、お寺の五重塔などの頂上にある柱の飾りの 「九輪」の様に見えるのでこの名になった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。