スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨入り

オルレイヤ

昨日、気象庁から中国、四国、近畿地方の梅雨入りが発表された。各地方も昨年より18日も早い梅雨入りとなった。以前から記載しているが、今年は花の開花も遅くて少し異常な感じであったのだが、気象自体も何か変な状況で有る。

また、一昨日に発表された6~8月の3カ月予報を見ると、東日本から西の地域は、平年より暑くなる。東北3県の被災地を含む北日本では8月の気温が平年を下回り、雨が多くなる見通しの様で有る。気象庁によると、記録的猛暑となった昨年と比べると全国的に気温は低めだが、広く太平洋高気圧に覆われる東日本、西日本、沖縄・奄美の3地域は平年を上回る見通しとの事。

従って、良く分からないが梅雨入りが早いと梅雨明けも早いのかと少し心配でも有る、昨年の様な猛暑を通り越して酷暑となる状況とならなければ良いが、東京電力、東北電力等の管内での電力需要が大きくなる夏場に節電のお達し?が出されたそうだが、酷暑となる状況だと、なかなか節電も難しいかも知れない。昔は電力需要も現代程ではなかったのを考えると節電をして夏を乗り切るのは可能な様に思えるが、昔は車の台数、建物の大きさ等が現代と異なるので単純には言えない。打ち水、緑のカ-テン等〃で暑さ対策をして酷暑や猛暑を乗り切った点も有るだろう。

この時期に咲く花と言うとバラで有るが、自宅も今年は花付きが良く賑やかに赤い花を咲かせている。先日、バラ園に行った時に、遠くから見ると、白い雪山の様に見える花の一団が有った。人参の葉の様に細い葉が有るのだが、花が葉に比較するとやや大きい感じで、全く雪山と言った感じに見えた。

オルレアと立札に記載されていたが、ヨ-ロッパから伝わって来た花なので日本語表記にすると呼名は、オルレアやオルレイヤオルラヤ等と記載される事が多い。結構草丈も高くて50~60cm位と言われているが、この花の群落は1m近くに育っていたものが多数有った。

暑い夏には白い花が良いのだが、なかなか夏本番となる頃にこう言った白い花は少なくなり、黄色、赤等の原色系統のものが多い様な気もする。暑い夏を涼しく乗り切る為の環境づくりとしてゴ-ヤを植えているが、今年はどれだけ葉を繁らせる事が出来るか、また白い花或いは白に近い系統の花を咲かせて視覚からも涼しくして行きたいとも、この花を見ていて思った。

orulea11001.jpg

全体の姿

orulea11002.jpg

花の拡大

*******************************************************
オルレイア
セリ科オルレイア属
Orlaya grandiflora

オルレイヤ・グランディフローラはセリ科オルレイヤ属の一年草。耐寒性はあるが耐暑性はないので1年草扱いされる。草丈は50~60cmぐらい。原産地はヨーロッパ。深く切れ込んだ細かいニンジンのような葉が茂る。花茎は分岐して、その先の花冠は小花が集まって白いレースのような見える。開花は5月~7月。名前は学名のカタカナ読みなのでオルレヤとかオルレイア或いはオルラヤと記載されるものが見られる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。