スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原さんが再選された

桜 (Ⅲ)

今朝、ニュ-スをみて見ると、東京都知事の選挙結果が速報されていて、石原現都知事が、前宮崎県知事で有った東国原氏に、約90万票の差で大勝したとの記載が有った。広島市長は秋葉市長の立候補取りやめで、松井氏と前副市長の女性候補の豊田氏に勝ったそうで有る。石原さんは、4選を果たした事になるのだが、種々の発言の問題は有るが強いリ-ダ-シップで震災復興にも一役かいそうだとの思いなどから東京都民は彼を再選したのであろう。政府の現政権にも結構ズバズバとものを言う態度から管政権もうかうかとしてられないとも思うがやや高齢なのが気に成る。

昨日は早朝に投票を指定場所で行い、その後に山陰方面に出向いて見た。お天気も良く、花見日和ではあった。中国道の三次インタ-で降りて国道54号で山陰方面に行かなくてはならないのだが、再来年には、三次JCTから、松江方面へ高速道路が完成する予定でもう少し早く山陰方面へ行ける様になろう。

国道54号線で、山陰方面へ行くには、中国山地を越えて行かなければならないが、流石に今年は雪が多かった為か、道路脇の日陰となる様な場所は残雪が残っていた。従って桜もあまり開花していない感じであったが、平地に近い木次や三刀屋では桜が満開となっていた。木次町では木次桜祭り(日本桜名所100選)を行っているとの案内が見られたのだが、混むかも知れないと思い国道傍の三刀屋川堰堤の桜並木を見る事でそれに変えた。それでも河川敷は多くの車が停まっていて、大勢の花見客で賑わっていた。

mito_saku001.jpg

三刀屋川堰堤の桜並木(1)


mito_saku001a.jpg


部分拡大


mito_saku002a.jpg


三刀屋川堰堤の桜並木(2)


mito_saku002.jpg


部分拡大


mito_saku003.jpg


三刀屋川堰堤の桜並木(3)


mito_saku003a.jpg


部分拡大


*******************************************************
サクラ(染井吉野)
バラ科サクラ属
Prunus×yedoensisMatsumura

江戸時代の末期から明治初期位に、江戸の染井村に住んでいた園芸職人たちによって作出された吉野桜が起源の様で、明治33年に染井吉野と命名された様で有る。エドヒガンザクラとオオシマザクラの交配種とされ、花弁は5枚で葉が出る前に花を開かせる。日本は縦長なので花の咲く時期が大体は南から北へ移動するので桜前線とも言われる。また同じ様子に、開花は、標高の低い所から標高の高い所へ移動する現象も見られ、広島県では瀬戸内沿岸部と中国山地では、約1月位の開花に差が見られる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。