FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故に思う

梅(2)

東電の福島原発が大震災と津波による被害を受けて原子炉廻りを冷却する水を供給するポンプが全く動作しなくなり、政府と東電が冷却を如何に確保出来るかで色々な事を実施しているが、なかなか燃料棒を低温状態迄になる完全停止状態には至らずに、燃料棒の一部が溶融する状況や被覆管と高温水蒸気の反応により水素の発生が起こり、建屋が吹き飛ばされると言う大惨事となっている。事故を起こしている原子炉の有る付近は放射能レベルも相当高いらしいのだが、その様な状態の中で危険を顧みずに手当をしている多くの人達がいる。

一日も早い静穏化を望むが、目に見えない危険と戦っている現場周辺にいる人達には、津波や地震で被災された地区で生存者の捜索や物資輸送、復旧作業で活躍している人達も大変であろうが、こちらも本当に御苦労さまで有ると言え頭の下がる思いである。

国や関係機関が放射能の数値を発表しているが、一般市民に取っては全く意味の分からないもので有り、また目に見えないものの値で有り周辺地区の住民に不安を煽りたてているのでは無いだろうか?周辺地区から他県へ自主避難する人も多く出始めている現象は少し憂慮しなくてはならないのが現状で有ろう。

特に周辺地区の避難区域に当たった多くの住民は大地震、津波そして放射能と言う三重の災害に合われ今後安全宣言が出されるまで避難所生活を余儀なくされているこちらも、お気の毒で有り、三重苦に対してお見舞い申し上げたい。

原子力の平和利用に関しては賛否両論が以前から有り、想定外で事故が起きたと言う人ごとの様な言い訳は通らないと言うのも一つの考え方が有り、この事故を教訓として原発の有り方や建設基準を相当厳しいものにしなければ今後増設や新規建設に対して住民の理解は得られないだろう。我々の住んでいる中国地方では、松江市に有る島根原発のみが稼働状態にあるが、四国の瀬戸内海側に伊方原発も有り両者に挟まれた状況で、更に山口県の上関町に上関原発の建設が計画されて工事を始めていた所であった。こちらは当面は建設中断するらしいが、建設再開はかなり厳しい状況となっている。

まずは福島原発の復旧を国を挙げて実施し、その後、原発の運営基準を再考しなおさねばならないが、もはや国内の電気の30%近くが原発に依存しているのも事実で、原発で電気を作ると言う方針を撤回しない限りしっかりと再発を防ぐ施設として国民に納得できる状態で稼働して欲しいものだと思う。

話が原発の事になり、花の話題から逸れてしまっているが、本日は梅の名所の一つに各地の天満宮が有るが、その中で太宰府天満宮に出向いた時の飛び梅を取り上げた。天神様は平安時代に学問と政治で活躍した菅原道真を祭った神社で、何故梅が天神様に多く植えられているかを調べると、飛び梅伝説なる話が有り、彼が梅の花に思いを託して都から遠い九州の太宰府に左遷された事に関係している。

京都の北の天満宮と福岡県の太宰府天満宮との関わりも、彼の死後に色々な厄事が都で起きて、彼の霊の祟りだと言う事になりそれを鎮める目的?で天皇から賜った北野天満宮天神と言う称号から北野の地に天満宮が出来たが、太宰府天満宮は彼が薨去した後に墓を立てようとした時に牛車の牛がこの天神様の地で動かなくなり、彼がこの地に葬られる事を望んだのだろうと言う事から墓所の上に神社を建立したと言う。

dazaifu.jpg

太宰府天満宮

tobiume002.jpg

飛び梅

tobiume003.jpg

飛び梅拡大

sanko_kitano.jpg

参考 秋の京都北野天満宮(2010年11月撮影)

*******************************************************
飛び梅(白梅)
バラ科サクラ属
Prunus mume Siebet Zucc.

太宰府八幡宮に有る飛び梅と言われる梅の木は、平安時代の頃に学問と政治の世界で活躍(文章博士、参議式部大輔、中納言等歴任)した人で有るが、藤原氏の台頭を恐れた宇多天皇に重く用いられた事により、藤原氏からうとまれる存在となり。宇多天皇の後、天皇となった醍醐天皇の時に藤原氏一門の讒言によるク-デタ-で、太宰権師に左遷されてしまう。

失意のうちに太宰府で彼は薨去するのだが、その後、京都では色々な悪事が続き道真の怨霊の祟りだと言う事とな
り、称号を右大臣更に北野天満宮天神等が贈られ、学問の神様と言う事になった。彼が京都から太宰府へ左遷されたおりに詠んだ歌に

東風吹かば、匂い起こせよ梅の花 あるじなしとて 春なわするな

と言う歌があるのだが、この梅が一晩のうちに道真を慕って京都から太宰府まで飛んで来たと言う伝説。真偽の程は確かではないが、道真が梅の花を愛していた所からこういった伝説が生まれたのかも知れない。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

KANさん、こんにちわ♪
またまた寒い日が続いてますね・・・
お陰で、風邪を引いてしまいました(;_q))クスン

一昨日、大阪で桜の花を見ましたよ!
今週末に咲くかな?と思ってましたが
このお天気で少し遅れそうです・・・

No title

りんちゃん、風邪をひかれましたか?
この所、気温が低い日が続いてますから、お気をつけて下さい。

桜もそろそろ開花しているところがチラホラと出て来ましたね。
しかし、このところの寒さで見ごろを迎えるのは少し先になるのでしょうかね?

どうもBlog更新が滞っています。少し考え直さないと????
プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。