スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波は怖い

梅(Ⅰ)


このBlogの記事は、東北沖太平洋大震災(東日本巨大地震)の起きた次の日に書きかけていたもので少し実態にそぐわないかも知れない。本日の時点で、記載した内容から被災地の現状が惨憺たるもので有る事が次々と分かって来た。被災された多くの方々は大変な状況に有りお悔やみの言葉位ではすまないかも知れない。また地震で緊急停止した東電の原子力発電所の事故も重なり特に原発の周辺住民の方々は地震、津波の恐怖と更に放射能漏れに対する恐怖等が有るものと思われ、厳しい避難生活を余儀なくされている。誠にお気の毒で有り、心からお悔やみを申し上げたい。

「3月12日記載分」昨日、午後2時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード8・8の大地震が起こり、その後に起きた大津波によって多大の被害が出た模様で有り、一夜明けた本日の朝からメディアはこの地震による被害等を続々と報道している。被災された人々に心からお悔やみを申し上げたい。

しかしながら、テレビ等で報道される津波は本当に恐ろしいと言った状況で、岩手県の陸前高田市はほぼ壊滅状態に近くまた福島県の相馬市、岩手県大船渡市等もかなり津波による被害が出ている。しかしお昼過ぎに起きた地震で気象庁が大津波警報を出してはいたが、十分伝わらずに逃げ遅れ犠牲となった人もいるのでは無いだろうかとか考えてしまう。

映像で見ても相当に恐怖を感じるのだが、実際津波で家屋が流され壊されて行くのを目のあたりにした人の気持ちは例えようが無い程にお気の毒で有る。

更に、地震と津波により東京電力の福島原発が問題を起こしている。緊急停止の後に冷却水が注入出来ずに核燃料棒の一部が溶融した状態となり炉を覆っている容器の圧力を下げる過程の水蒸気の放出時に、放射性物質が外部へ漏れた。原発の構造は異なるのだがアメリカのスリ-マイルの事故と同じ程度の規模と言わざるを得ない。

梅の花がここに来てようやく見ごろを迎えている。近くの梅の名所と言えば光市の冠山総合公園の梅林、或いは柳井市の臥竜梅等或いは岩国市の洞泉寺の臥竜の梅等が有名だが、この梅は中国新聞社の印刷、配送施設の有る廿日市市大野町のチュ-ピ-パ-クの梅林のものである。

梅も色々な品種が有り、中国から古い時代に到来したらしいがすっかり日本の気候風土にマッチしている。また梅は実が色々と加工されて我々の食生活に梅干しとしてなじみ深い食べ物となっている。

ume2011_001.jpg

全体の姿

ume2011_002.jpg

花の拡大

*******************************************************
ウメ
バラ科サクラ属
Prunus mume Siebet Zucc.

梅は野梅系、緋梅(紅梅)系、豊後系に大別される。この梅がどの系統かは不明であるが、おそらく野梅系のものだろうと思う。近くの梅の名所と言えば光市の冠山総合公園の梅林、或いは柳井市の臥竜梅等或いは岩国市の洞泉寺の臥竜の梅等が有名だが、この梅は中国新聞社の印刷、配送施設の有る廿日市市大野町のチュ-ピ-パ-クの梅林のものである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。