スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法事

ツワブキ

父の7回忌の為に京都へ出向いたのだが、14日は朝7時に自宅を出て大竹ICから高速道を利用して、京都南IC迄行き、12時前に兄弟との集合地で有る北野天満宮の近くの料理店へ到着した。京都もこの時期はインタ-から神戸や大阪、姫路ナンバ-の車が多くて渋滞気味で北野天満宮付近まで、約40分もかかってしまった。その後、食事をして午後2時からお寺さんへ移動して無事7回忌の法要を済ませた。

こんな時でなければ兄弟達と顔を合わせる機会が無いのだが、それぞれ年を取って来たなぁ~とつくづく思う一日で有った。お寺さんへ移動する前に北野天満宮の境内を散策して見ると紅葉も大分進んで、これから京都も紅葉シ-ズンだなと感じた。

kitanoten00a.jpg

北野天満宮の紅葉


この所、このBlogも滞る事が多くて、やっと更新している始末では有るが、本日は民家で見かけたツワブキの花を取り上げて見ようと思う。ツワブキの花は、黄色い大きな花と艶の有る葉が特徴的な花だが、島根県の津和野から萩方面へ抜ける県道はツワブキ街道と記載されていて、ツワブキの花が沢山咲いている。もっとも、津和野の名前の元となったのもツワブキが沢山咲いている所だからだと言われている。

ツワブキは海岸線でも多く見られる花で、ダルマギク等の咲く、山口県の角島も島内の至る所に咲いている。秋の盛りから晩秋に咲く花の中で黄色い存在感の有る大きな花は花の少なくなった家の周りでも良く合う花かも知れない。自宅も数年前に一株貰ったものを植えたのだが、どうも土壌が悪かったのか枯らしてしまい残念ながら咲いていない。

tuwabu_002B.jpg

全体の姿

tuwabu_002A.jpg

花の拡大

*******************************************************
ツワブキ
キク科ツワブキ属
Farfugium japonicum

福島県より以西の本州から琉球諸島にまで分布する多年草。葉がつやつやとしておりフキの葉に似ているところから艶の有る葉の蕗から転化したものと思われる。花は茎の頂部に4~5cm程度の散房花序で数輪黄色い花を付ける。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。