FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央選手ふるわず

チェリ-セ-ジ

NHK杯のフィギアスケ-トの女子がテレビ中継されたが、浅田選手は振るわずに最悪の8位、イタリアのカロリ-ナ・コストナ-選手が優勝した。今季からシニアに参戦した村上佳奈子選手は良く健闘して3位に入った。浅田真央選手は今年も最悪のスタ-トを切ったわけで、今シ-ズンも色々と大変かも知れない。ただ挫折は誰もが色々と経験する訳で、彼女も精神的に強くなっていかないと今後は厳しいだろうが?。

ハ-ブも色々な種類があるのだが、サルビアの仲間のものでも○○セ-ジと呼ばれるものも多い。例えば、メキシカンブッシュセ-ジ或いはアメジストセ-ジ(サルビア・レウカンタ)、パイナップル・セ-ジ(サルビア・エレガンス)、本日取り上げたチェリ-セ-ジ(サルビア・ミクロフィラ)等多くのサルビア種に流通名として付けられている。しかし厳密な意味ではサルビアとセ-ジは異なる。ただsalviaがフランス語で転化してセ-ジと呼ばれる様になり花名にセ-ジの場合もヤクヨウ・サルビア等と付いているから益々ややこしくなっている。どうもハ-ブの本等で記載される場合は、セ-ジと呼ぶのが一般的な気がする。ただハ-ブの場合は効能の大きなシソ科の花が多い様な気もする。

チェリ-セ-ジはサルビア・ミクロフィラ、グレッギーその交配種を言うらしくて、赤い舌状花を穂状に咲かせるが、花は控えめな印象で、全体的には野草ぽい自然な雰囲気をもっていて、ハーブとして利用されるだけでなく花観賞のガーデン用として植えられている事が多い。

chery_sage001a.jpg

全体の姿

chery_sage002a.jpg

花の拡大

*******************************************************
チェリ-セ-ジ
シソ科サルビア属
Salvia microphylla

メキシコ原産の多年草(半耐寒性低木として扱われる場合も有る) 、ピンクと白が混ざっているものは、珍しくてホットリップスと言う品種。サルビア・ミクロフィラと呼ぶこともあるが、花色或いは葉のほのかな甘い香りがチェリーに似ているからからチェリーセージとばれることが多い。花期がたいへん長く4月には咲き始めるが、花の少ない10~11月になると目立ってくるような印象がある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。