スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物公園の夜間開園

ポインセチア

12月に入ると何かと慌しく過ぎていく。12月の初旬に植物公園に出向いた時に、イルミネ-ションの準備をしていたので、12月の土曜日のみ夜間開園と言う事でライトアップするとの事で土曜日に出向いた。
普通の植物散策路は流石に通行止めがして有り暗いので少し危険性を考えているのだう。大温室、ベゴニア温室、フォクシァ展示温室、サボテン温室は公開されていたが、入っている人は少なかった。
リハ-サル風景が植物公園のHPに掲載されていたが代表的なイルミネ-ションを掲載する。

ilumination001.jpg

イルミネ-ションⅠ

ilumination002.jpg

イルミネ-ションⅡ

ilumination003.jpg

イルミネ-ションⅢ

クリスマスに何故ポインセチアが飾られるのか、調べて見ると、日本ポインセチア協会に詳しく記載されている。要約してみると「ポインセチアの原産地のメキシコにTaxcoと言う所が有り、インデオが薬用として栽培していたが、17世紀になってフランシスコ修道会の僧のグル-プがtaxco付近に住みついたが、ポインセチアの色と咲く時期から聖pesebreのお祭りの行列の花として使われる様になり、ヨ-ロッパへ伝わった。
ポインセチアが見事に赤く見えるのは花では無くて包葉で、花は中心にある、やや黄色がかった杯状花序の萼状花で有る。また、包葉は赤色だけで無く白色も有り葉脈に沿って赤色に白色の斑が入ったものが有り。クリスマスに因んでか、ジングルベル、アイスパンチ等と呼ばれる品種も有る。写真のポインセチアは斑入りの品種で有るが詳しい品種名は分からない。

poincet11001.jpg

全体の姿(白色の混在した品種)

poincet11002.jpg

花の拡大


*******************************************************
ポインセチア
トウダイグサ科ユ-フォルビア属
Euphorbia pulcherrima

メキシコ原産の常緑低木。花は小さく杯状花序の萼状花、その下に有る包葉が赤く染まって美しい。名前の由来はアメリカの初代メキシコ公使のJ.R.ポインセットがメキシコに自生していたのを発見したのに因んで付けられた。日本へは明治の頃渡来した、和名は猩々木。クリスマスシ-ズンに使われるのは、ヨ-ロッパに伝わった時に、この葉の赤い色がキリストの血と言うことで、元々赤色を飾る習慣がクリスマスの頃に有り、ポインセチアが代替とされた。

スポンサーサイト

師走に入った

イソギク


本日から12月である。振り返って見ると一年なんてアッという間に過ぎてしまう。Blogも今年はあまり記載しなかったし、今月もどうなるのか分からないのであるが月始めくらいは書いておきたい。

先日からPCの調子が悪くなり、スタ-トアップ出来なくなってしまった。色々と試して見たのだが、改善されず仕方が無いので、システムの入っているCドライブのみ再インスト-ルし直した。backupをCドライブのドキュメントに保存していたものだからメ-ルのアドレス、各種パスワ-ド等が不明となってしまった。これは大変反省させらる所であった。他のメディアと紙に記載して残しておかないと問題が有るので今後はそうする事にした。

以前のものは丁寧に紙に記載して残していたので、プロパイダ接続やメ-ル接続は問題無かったのでは有るが、ウィルスソフト等の接続パスワ-ドが不明となり問い合わせで確認して復旧は出来た。

今週の日曜日に広島市植物公園へ行ったのだがその折に撮影した花の画像も全て無くなった。紅葉を見に最初は宮島に出向こうと思っていたが、宮島口付近が混雑しているとの事だったので急遽、植物公園へ出向く事とした。

植物公園の樹木の植えてあるゾ-ンも紅葉がとても綺麗であったのだが、今年はモミジバフウの紅葉があまり綺麗では無かった。11月の暖かさが響いていると思われる。そう言えば自宅の皇帝ダリアもまだ沢山の花を付けているから、今年は少し晩秋の気温が高かったと言う事になる。

この時期は本来は花が既に少なくなっているのだが、今年はそういった影響からか、ノギクと言われる花も沢山植物公園には残っていた。アシズリノギク、ナカガワギク、ダルマギク等は沢山花を付けていた。その中で中国地方では野生種の無いイソギクも多く見られたので本日はイソギクについて記載しておこう。

この菊は、東日本の限られた地域(東日本の千葉県の犬房埼から静岡県の御前崎、伊豆諸島の海岸線の崖にしか自生しているものは無い)でしか自生していないのだが、古くから栽培されているので、色々な場所で見る事が出来る。

花が小さくて筒状花のみで構成されているので、菊人形の着物等に使われる事が多く、古くから栽培されているらしくて、意外と身近で見ていたかも知れない。野菊は元々、交配しやすく、植栽されている家菊との交配種が出来て、舌状花を持つハナイソギクと言う種類の菊も有る。

イソギクは磯に咲く菊と言う事で、名前が付けられた様で有るが、四国の徳島県から高知県にかけて、同じ様な筒状花からなるシオギク、紀伊半島に分布するキイシオギクと言う良く似た花が有るが、こちらは塩菊(潮菊)或いは潮風菊と呼ばれている。イソギクの場合は太平洋側に咲いている事を意味する学名pacificumが使われているが、シオギクの場合は和名がそのまま学名、shiwogikuとして使われているのも面白い。両者は一つ一つの花の直径が違い、イソギクが5mm程度で有るのに対して、シオギクは10mm程度と大きいらしい。キイシオギクはイソギクとシオギクの中間型との事だ。

isogi_201101.jpg

全体の姿

isogi_201102.jpg

花の拡大


*******************************************************
イソギク
キク科キク属
Chrysanthemum pacificum

千葉県の犬房埼から静岡県の御前崎、伊豆諸島等の太平洋岸の崖等に分布する多年草。栽培している場合も多い、筒状花からのみなり花径5mm程度のものが密集して、茎先に付く。葉は厚くて、表面には腺点が有り、緑色だが、縁が白くなっている。葉の裏は微毛が密集しているので銀色に見える。

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。