スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は一時に咲いた

庭の花(Ⅱ)

昨日の雨で、桜は相当散ってしまった。今年の桜は場所によっては既に葉桜になっている所と咲き始めが遅かった場所では未だ十分観賞に耐える所も有る。少し標高の高い所や広島県でも県北に有る桜は20日頃が見ごろとなる所も有りそうだ。県北の桜が見頃となる頃には東北地方の桜も開花から五分咲き程度になると想定され、東日本大震災で被災された多くの方達へ元気を与えてくれる様になるだろう。

さて、今年は自宅の庭の花が、この冬の寒さや昨年の酷暑等が影響してなかなか咲きそろわなかったので有るが、ここに来て一時に咲いたと言う感じで有る。一番目を引くのはレンギョウとユキヤナギで黄色と白のコントラストが目に付くので有るが、この花は今年は取り上げない事にした。

花壇の草花で存在感のあるものはハナニラ(イフェイオン)で有ろう、自宅のハナニラは白が強いものと、紫の強いものの二種が有る、葉等を摘んでみると韮の様な匂いが有りハナニラと呼ばれているが、花が星形で春に咲く事からスプリングスタ-フラワ-とか呼ばれる事も有る。また花の姿がアマナにも似ているので、西洋アマナとも呼ばれる。良く似た花にトリテリアと言う花が有り花だけ見ると間違ってしまいそうで有る。

hananira001_2011.jpg

全体の姿

hananira002_2011.jpg

花の拡大

*******************************************************
ハナニラ
ユリ科イフェイオン属
Ipheion uniflorum

中南米(メキシコ、アルゼンチン、ウルグアイ等)の原産の多年草。葉にニラやネギの様な匂いが有るのでハナニラと付けられた。花期は3~4月頃で白色や淡青色の星型の花を付ける。

*******************************************************
スイセンの花で良く知られているのは日本スイセンで、小さな庭の通路の両側に植えてスイセンロ-ドと言った感じで花を咲かせてみようと思ったのだが、想定した状態では花が付かなかった。スイセンの花は房咲き水仙(タゼッタスイセン)と言われる日本が、早い所で12月頃から花を咲かせ冬の時期に咲いている。日本スイセンと名前が付いているが原産地は地中海沿岸で古い時代にシルクロ-ドを経て、中国から日本に伝わって来たもので有る。

ニホンスイセンが終わると自宅では黄色いラッパスイセンが咲き始める。花色が黄色なのでスイセンに比べて良く目立ち、花の副冠と呼ばれる部分が長くてラッパ状になるのでこう呼ばれている。スイセンの花はナルキッソスと呼ばれているがナルシストの語源にもなった花で、ギリシャ神話での美少年(ナルキッソス)が神の罰を受けて他人を愛せない人となり泉に写る自分を見て自分を愛してしまい最後に死んでしまい、その泉のほとりに咲いていた花を彼の生まれ変わりとしたと言う伝説が有り学名にナルキッソスと付けられていて、英語名では、Chinese narcissusで有る。しかしながら、ラッパスイセンは英語名はDaffodil(ダッフォデル)と呼ばれている。

rappa001_2011.jpg

全体の姿

rappa002_2011.jpg

花の拡大

*******************************************************
ラッパスイセン
ヒガンバナ科スイセン属
Narcissus pseudonarcissus

西ヨ-ロッパのスペイン、ポルトガル等やドイツ、イギリス等の原産の多年草。日本には中国を経て江戸、あるいは鎌倉時代には渡来。一茎一花で、ふつうの「スイセン」に比べて副花冠が長く、ラッパ状になるのが特徴。

*******************************************************
自宅に毎年咲くスイセンの中にペチコ-トスイセンと通称で呼ばれる品種のものが有る。このスイセンは、ブルボコディウムと言う品種の原種に近い水仙であるが、漏斗状の副花冠が目立ち、細い披針形の花弁がその基部に散らばるように着いていて、カンタブリクスと言うやはり原種系のスイセンと良く似ている。

こちらも英名は、Hoop-petticoat daffodil(ホ-プ・ペチコ-トダッフォデル)とダッフオデルが付いている。結構繁殖力も強い様で、知らないうちに庭のあちらこちらに飛び火した感じで小さな株が存在して今年は一輪、また一輪と言った感じで咲いている。

petico001_2011.jpg

全体の姿

petico002_2011.jpg

花の拡大

*******************************************************
スイセン・ブルボコディウム(ペチコ-トスイセン)
ヒガンバナ科スイセン属
Narcissus bulbocodium

地中海沿岸が原産の多年草。漏斗状の副花冠が目立ち、細い披針形の花弁がその基部に散らばるように着いている。漏斗状の副花冠の長さは2cmほど、花弁の長さは2cm弱。葉は長さ10~20cm程度で、ほぼ円柱形をしている。花茎は葉より長く、花は花茎に1個、横向き、またはやや斜め上向きに付く。花色は黄から白。地下には球根(鱗茎)ができる。


スポンサーサイト

庭の花がやっと咲き揃い始めた

庭の花(Ⅰ)

この所暫く暖かな日が続いている自宅の庭の花壇の花もかなり色々なものが急に咲き始めた。好きなスミレ類やシュンラン、ラッパスイセン、ペチコ-トスイセン、ユキヤナギ等が満開で、桃の花やラナンキュラス、ハナニラ、ヒヤシンス、リナリア、オキナグサ、ヒメリュウキンカ、ムスカリ、ビオラが満開で有る。しかしながら今年はカタクリが一枚葉しか出無かったのでカタクリの花は咲かなくて、その代わりと言っては語弊があるが、バイカイカリソウが咲いて呉れた。昨年の夏の終わりに種蒔きしたビオラの二種類(タキイ通販で購入したコテ-ジミックスとエンゼルスタ-ミックス)がやっと花が多く付く状態で花壇に彩りを持たせてくれている。

enzelstarmix

F1エンゼルスタ-ミックス

cotagemix.jpg


F1コテ-ジミックス

*******************************************************
ビオラ
スミレ科スミレ属
Viola × wittrockiana

多花性エンジェル系ビオラの混合;国内のF1ビオラに比べて開花期・株姿・花色などにやや幅があり、海外でも人気のビオラ。生育環境によって花色が微妙に異なりグラデーションが楽しめる繊細な色合いが特徴。(タキイカタログより抜粋)コテ-ジミックスに付いては不明

*******************************************************
昨日、チュ-リップも咲いたのだが、こちらは昨年より数が減り、ネモフィラも昨年沢山咲いたのだが、コボレ種で増えるのだが、今年は変な時期に葉が繁り冬の寒さでやられたせいかかなり数が減ってしまっている。同じ様にクリサンセマム・パルドサム(スノ-ランドorノ-スポ-ル)も花付きが悪い。ヒヤシンスは今年花壇に仲間入りしたものだが、既に花の盛りは過ぎていて、花茎の途中から折れそうになっているので支柱を立てて保護している。ヒヤシンスは昔、球根を水栽培したのを思い出すのだが、甘い香りのする花で、ムスカリの大形といった感じで沢山花を付ける。ピンクと青色が有るが既に花は終わりかけている。

hiyashin001.jpg

ピンクのヒヤシンス

hiyashin002.jpg

花の拡大

*******************************************************
ヒヤシンス
ユリ科ヒヤシンス属
Hyacinthus orientalis

地中海沿岸からトルコ付近原産の球根性の多年草。16世紀頃にヨ-ロッパに持ち込まれ園芸改良された様で有る。ヒヤシンスはドイツ系とイギリス系があるらしいが日本のヒヤシンスのほとんどがオランダで改良されたドイツ系のヒヤシンスと言う事だ。

*******************************************************
今年自宅のスミレは日本産のスミレがアツバスミレとタチツボスミレを除いて全滅してしまった。シロバナタチツボ、モモイロコスミレは昨年の夏場に枯らしてしまった様だが、庭の片隅にどこからか蟻が運んで来たのかタチツボスミレは元気に沢山の花を付けている。外国産のスミレはラブラドリカ(雅スミレ)とプリセアナは一番元気に咲いている。

sumire_prichea001.jpg

全体の姿

sumire_prichea002.jpg

花の拡大

*******************************************************
ビオラ・ソロリア・プリセアナ(アメリカスミレサイシン)
スミレ科スミレ属
Viora sororia cvs. priceana

北アメリカ原産のスミレ、紫色の筋が沢山花弁に入っている。スミレサイシンに似ていて、アメリカから渡来したのでこう呼ばれているのだが、他にもスノ-プリセンスと言う白花品種も和名はアメリカスミレサイシンと呼ばれる。また、根の茎はワサビの根の様に太い。このスミレは島根県の道の駅『赤来高原』で購入したもので有る。このスミレも繁殖力旺盛で他のスミレの鉢を占領してしまい分離して地植えに変えた。

久々に石見銀山へ

桜 (Ⅳ)

一昨日の三刀屋川土手の桜を堪能した後、無料社会実験区間の松江自動車道の三刀屋木次インタ-から出雲インタ-迄高速道を利用して行き、出雲から大田市に出て久々に石見銀山の大森地区の町並みを散策して見た。石見銀山は2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」と言う名称で世界遺産の文化遺産に登録されたので有るが、登録後では初めての訪問で有る。
内容は、島根県大田市観光サイト現地散策マップを参考にして頂きたいのだが、メインの銀山跡は数度行っているので、今回は大森地区の町並み地区のみを散策した。

桜も満開で、地区内の史跡付近も春を告げる、ハクモクレン、スイセン、ボケ、ビオラ、ラナンキュラス等の花が彩りを添えていた。町並の中には、熊谷家、河島家と言った銀山採掘の頃、富を築いた豪商の建物や、大森代官所に勤めた役人(地役人)の武家屋敷が公開されている。また神社仏閣も有り勝源寺、東照宮、西性寺、妙蓮寺、観世音寺等も見られる。花見のシ-ズンで有るのだが花見には向かない(桜が少ないので)は少なくて、散策していてもあまり観光客にあう事もなかった。もっと人が居るのかなと思っていたので、やや期待外れの感も有った?。

途中でCaffe CAGLIARIと言う小さい看板が有ったので入る。カリア-リは、古民家を改装した和風な喫茶店で、日本で唯一カリアーリコーヒーが飲める店舗であるとの事で、そこのマスタ-が何故この地にカリア-リコ-ヒの店を開いたかとか何故値段が350円に設定ているかとか色々と説明して呉れた。東京からおばあちゃんが住んでいたこの家に戻ってきて伝統あるカリアーリ家のコーヒーを日本で唯一販売する総代理店とも言っていた。味はスッキリして甘みと香りが有ると言った感じのコ-ヒ-だった。帰ってネットで検索して見ると山内交易株式会社(〒694-0305島根県大田市大森町ハ151番地-1)ということで日本で唯一カリアーリコーヒー販売会社で間違い無い様だった。

暫く散策した後に、島根県川本町方面から大朝町へ出て、浜田自動車道、中国道を乗り継いで自宅へ帰宅。一日色々な事が有った日曜日だった。

oomori_001.jpg

大森代官所跡


oomori_002.jpg

代官所跡の桜(上写真部分拡大)

oomori_003.jpg

街並み地区入口

*******************************************************
サクラ(染井吉野)
バラ科サクラ属
Prunus×yedoensisMatsumura

江戸時代の末期から明治初期位に、江戸の染井村に住んでいた園芸職人たちによって作出された吉野桜が起源の様で、明治33年に染井吉野と命名された様で有る。エドヒガンザクラとオオシマザクラの交配種とされ、花弁は5枚で葉が出る前に花を開かせる。日本は縦長なので花の咲く時期が大体は南から北へ移動するので桜前線とも言われる。また同じ様子に、開花は、標高の低い所から標高の高い所へ移動する現象も見られ、広島県では瀬戸内沿岸部と中国山地では、約1月位の開花に差が見られる。

石原さんが再選された

桜 (Ⅲ)

今朝、ニュ-スをみて見ると、東京都知事の選挙結果が速報されていて、石原現都知事が、前宮崎県知事で有った東国原氏に、約90万票の差で大勝したとの記載が有った。広島市長は秋葉市長の立候補取りやめで、松井氏と前副市長の女性候補の豊田氏に勝ったそうで有る。石原さんは、4選を果たした事になるのだが、種々の発言の問題は有るが強いリ-ダ-シップで震災復興にも一役かいそうだとの思いなどから東京都民は彼を再選したのであろう。政府の現政権にも結構ズバズバとものを言う態度から管政権もうかうかとしてられないとも思うがやや高齢なのが気に成る。

昨日は早朝に投票を指定場所で行い、その後に山陰方面に出向いて見た。お天気も良く、花見日和ではあった。中国道の三次インタ-で降りて国道54号で山陰方面に行かなくてはならないのだが、再来年には、三次JCTから、松江方面へ高速道路が完成する予定でもう少し早く山陰方面へ行ける様になろう。

国道54号線で、山陰方面へ行くには、中国山地を越えて行かなければならないが、流石に今年は雪が多かった為か、道路脇の日陰となる様な場所は残雪が残っていた。従って桜もあまり開花していない感じであったが、平地に近い木次や三刀屋では桜が満開となっていた。木次町では木次桜祭り(日本桜名所100選)を行っているとの案内が見られたのだが、混むかも知れないと思い国道傍の三刀屋川堰堤の桜並木を見る事でそれに変えた。それでも河川敷は多くの車が停まっていて、大勢の花見客で賑わっていた。

mito_saku001.jpg

三刀屋川堰堤の桜並木(1)


mito_saku001a.jpg


部分拡大


mito_saku002a.jpg


三刀屋川堰堤の桜並木(2)


mito_saku002.jpg


部分拡大


mito_saku003.jpg


三刀屋川堰堤の桜並木(3)


mito_saku003a.jpg


部分拡大


*******************************************************
サクラ(染井吉野)
バラ科サクラ属
Prunus×yedoensisMatsumura

江戸時代の末期から明治初期位に、江戸の染井村に住んでいた園芸職人たちによって作出された吉野桜が起源の様で、明治33年に染井吉野と命名された様で有る。エドヒガンザクラとオオシマザクラの交配種とされ、花弁は5枚で葉が出る前に花を開かせる。日本は縦長なので花の咲く時期が大体は南から北へ移動するので桜前線とも言われる。また同じ様子に、開花は、標高の低い所から標高の高い所へ移動する現象も見られ、広島県では瀬戸内沿岸部と中国山地では、約1月位の開花に差が見られる。

原発安全性の見直し?

桜 (Ⅱ)

本日は統一?地方選挙の投票日で有るが、今回は東京都都知事選、広島市長選等の選挙が有り少し東日本大震災、福島原発の事故の影響を受けてか、やや低調な感じで有る。私の住む地域でも県会議員の新人候補者が出ているが本日審判が下される。

経済産業省原子力安全・保安院が原発安全対策の不備を認めたのだが、「多重防護、5重の壁など絶対大丈夫と言ってきたことについて、信じてやってきたが、こういう事態になった」との見解を述べ安全対策の不備を認め、根本的に安全に付いて見直すと述べたそうである。

原子力安全・保安院(Nuclear and Industryal Safety Agency;NISAと略称)の業務は原子炉の設置許可に対して法律(原子炉等規制法)に定められた許可基準に適合しているか安全審査を行い更に原子力安全委員会の審査を経て原子炉設置の許可をした後、原子炉設置は経済産業大臣の認可を受け工事をする事になっている。

その後も工事行程ごとの使用前検査、燃料体の検査、運転段階の安全検査等〃の事項を行うとの事であるのだが、この発言はそれらも全て見直し、原子力の平和利用に関する安全対策に付いてを全て見直し、許可申請等に付き根本的に見直しをすると言う意味だと解釈するのだが、中国電力が山口県上関町に建設を始めた(現在は中断)上関原発に付いても適用されるとすれば建設は大幅に遅れるか、もしくは凍結と言う事になる可能性も有る。地元では建設推進派と反対派が建設工事に入っても、凌ぎを削り、特に上関原発設置場所と正対する祝島の島民の多くが反対運動を繰り広げている。

反対派に取ってこの発言は追い風となろう。私にとっても、親戚の一人がこの原発建設業務に関わっている事も有り今後の動向にも関心が強い。

やっと桜が見頃となり、隣家の桜も満開となった。隣家とは畑を挟んでいるのだが、畑に入らせて貰って朝写真を撮って見る事とした。本当に今年は桜の満開も遅くてやっと春が来たと言う感じだった。隣家の桜を見たので、近くの桜が沢山植えてある公園や、山間の小さな駅の周辺の桜でも見てみようと思い立ちあちらこちらに車を走らせてみた。やはり目で見た桜が一番良くて、カメラに収めてしまうと目で見た感じはなかなか再現されていない。

本日も天気が良さそうだから、この近くの桜の名所と言われる錦帯橋や宮島辺りも多くの花見客で賑わうのだろう。

sakura001A.jpgsakura001C.jpg

隣家の桜(1)

sakura001B.jpg

隣家の桜(2)

sakura_naguwa.jpg

錦川清流線の南桑駅付近の桜(遠景)

sakura_naguwa002.jpg

錦川清流線の南桑駅付近の桜(一部拡大)

sakura_hachiga.jpg

鉢ケ峰総合公園アクセス道路の桜


*******************************************************
サクラ(染井吉野)
バラ科サクラ属
Prunus×yedoensisMatsumura

江戸時代の末期から明治初期位に、江戸の染井村に住んでいた園芸職人たちによって作出された吉野桜が起源の様で、明治33年に染井吉野と命名された様で有る。エドヒガンザクラとオオシマザクラの交配種とされ、花弁は5枚で葉が出る前に花を開かせる。日本は縦長なので花の咲く時期が大体は南から北へ移動するので桜前線とも言われる。また同じ様子に、開花は、標高の低い所から標高の高い所へ移動する現象も見られ、広島県では瀬戸内沿岸部と中国山地では、約1月位の開花に差が見られる。

終息はほど遠い感じ

ヒメリュウキンカ

震災と大津波による災害に加えて、東京電力福島原子力発電所の事故が起こって、3週間が過ぎたのだが原発の放射能漏れはなかなか終息出来ない状態で、どこから漏れているのか高濃度の放射能を含んだ汚染水が大量に海へ流れ込んでいる。東電や政府は原因の特定と漏えいの防止対策を色々と講じているが今のところ決め手となる方法が無い状態で有る。

原発の事故及び復旧作業は、目に見えない放射能との戦いで東電や協力企業の現場で復旧作業している人は日夜大変な業務をしている事になり、震災や大津波で被災された方達の復興に向けた活動も大変では有るが、現場で一日も早い復興の為に従事されている彼らの事を忘れてはいけないだろう。

また海水や空気中、土壌等から相次いで原発事故に関係した放射能を含んだ物質が検出され、原発周辺20~30Km圏内の避難者或いは風評被害等で圏外に住む人等の地元の農業や漁業の活動にも支障を来す状態となっている事も事実で有り早く終息させたいとの思いは東電関係者のみならず政府にも有るとは思うが、終息まで少なくとも数カ月以上かかりそうだとの見通しが有る。

原発により、これから増え続けると予測される電気需要を賄おうとした政府の政策も見直しが行われるだろうが、原子力を安全に平和利用できれば、それにこした事はないのだが、万が一事故が発生したら、電力会社と言う一企業のみでは対応しきれ無いのも今回の事故で国民は強く感じたと思う。また周辺住民への補償問題がこれから東電に重くのしかかって来る訳で原発そのものの是か非かを考える契機となっていると思う。

さて、今年は自宅の花達の成長が芳しく無くて、ミザクラが終わってやっとヒメリュウキンカの花が咲き始めた所で有る。この花は山野草と言った感じで有るが地中海やトルコ付近の小アジアに分布していたものをヨ-ロッパで園芸改良されて出回っているらしい。そう言えば今年の自宅の山野草のフクジュソウ、ユキワリソウ、カタクリ等もあまり芳しく無くてフクジュソウとユキワリソウは咲くには咲いたのだが花が小さくて見栄えが悪かった。カタクリに至っては何故か今年は花の咲かない一枚葉しか出ていない。

ヒメリュウキンカの花はキンポウゲ(ウマノアシガタ)やフクジュソウと同じく日が照るとキラキラとした感じの光沢が有るがおそらくデンプン層が整然と並んでいると思われ、太陽の熱を効率良く自身に取り込む様な構造となっていると考えられる。しかし昨年は3月中旬より少し前に咲いたから今年は相当遅い開花で有る。昨年の猛暑の影響か、今冬の寒さの影響かは分からないが、本当に今年の花の咲き方が狂っている感じで且つ花も総じて小さい感じがする。

himeryukin001.jpg

全体の姿

himeryukin002.jpg

花の拡大

*******************************************************
ヒメリュウキンカ
キンポウゲ科キンポウゲ属
Ranunculus ficaria

地中海沿岸から小アジア等の原産の多年草。ハ-ト型の葉と輝く様な花が特徴で有る。花径は2~3cm程度で、黄色から薄黄色の輝く様な花を付ける。園芸種として改良され八重咲き品種も有る。仲間のリュウキンカは湿地、湿原等に分布しているが、こちらは、山地の林床や庭でも普通に育つ。

プロフィール

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。