スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日だけれど

ヒメツルソバ

本日は文化の日で有る。では、文化とはどう言った定義なのだろうか、ウィキペディアから引用してみると、文化(culture)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。

と書かれているが、なかなか分かり難い。何となく文化と言う言葉を使ったり聞いたりしているが、分かりやすいかなと思って、世界遺産の中で文化遺産として登録されている物の中に、記念工作物、建造物群、歴史的な景観遺跡として分類され、日本の登録された遺産を考えて見ると、広島市の原爆ド-ムは第二次世界大戦における人類で初めて使用された負の遺産とでも言うべき記念工作物として登録には紆余曲折が有った様だ。また姫路市の姫路城と広島県廿日市市の宮島の厳島神社は歴史を公証する上に重要な建築或いは建築群、人類の創造的な才能を表現する傑作として登録された。他の遺産登録されている京都の文化財、奈良の法隆寺地域の仏教建物群、奈良の文化財、白川郷・五箇山の合掌造り集落、日光の社寺、石見銀山遺跡と文化的景観、紀伊山地の霊場と参詣道、沖縄県の琉球王国のグスクと関連遺産等が有るのだが、確かに歴史的に見て重要なものには変わりないのだが、これらも文化と言う事と合わせて考えると分かり難い。中々文化と言う言葉は抽象的で捉えにくい側面を持っているものだ。

文化と関係ないのだが、昨年自宅にヒメツルソバが一株、鳥が運んで来たのか発芽していた。それが今年になって増えて来ているし、関係無い場所にも発芽して花を付けている。放置して置くとかなり蔓延って来るそうなのだが、未だ株も少ないので可愛いからそのままにしている。

名前が示す様に、ツル性で横に広がりグランドカバ-としての役目も持っている感じなのだが、本日、近くの民家の玄関先にびっしりと蔓延っていたのを見た時に増え過ぎても問題の有る植物かも知れないかなとふと思った。

しかし、一方で、城下町の石垣に有るのを数年前に島原市の武家屋敷を訪れた時に花が付いていたが、それはそれで景観にアクセントを与えるものとして印象の深い植物でも有った。

この花の分類に、タデ属としているものと、イヌタデ属に分類している場合が有る。そして学名が、Persicaria capitataと書いて有ったり、Polygonum capitatumと書いて有ったりしている。イヌタデ属の場合は前者のPersicariaが使われるが、タデ属の場合はPolygonumが使われる。

従って、図鑑等によってまちまちなので、どちらかと言うとイヌタデ属の方が最近の分類かも知れないのだが、持っている図鑑に従った事を断って置く。

himeturu_00a.jpg

全体の姿

himeturu_00b.jpg

花の拡大(上写真とは別の場所)

*******************************************************
ヒメツルソバ
タデ科タデ属
Polygonum capitatum

中国南部からチベット等のヒマラヤ地方原産の多年草。明治時代の中頃に鑑賞用として渡来した。ツルソバに似ていて花が小さいので、この名前が付いた。現在は植栽されているのも見かけるのだが、多くは雑草化していて、一年中見かける様な気もする。

スポンサーサイト

もみじマ-クから四葉マ-ク

ショウジョウソウ

前から、高齢ドライバ-に対して、もみじマ-クを付ける事が努力義務として挙げられていたが、今一人気が悪くてマ-クの改定が公募を受けてなされる事になったらしい。この程決まったのがシニアのSを基本?とした四葉マ-クで色相も明るい緑色となり従来の、言い方は悪いが枯れ葉の様なものでは無く、少しは取り付ける人が増えるのでは無いかと思われる。自宅近くの多くの人がそれなりの年齢となっていて、本来付けているべきではあるのだが、あまり高齢運転マ-クを付けていないので少しはこれで付けるかも知れない。

昨年、庭の花壇の中にショウジョウソウが咲いていたので一か所にかためて置いたが、一年草なので今年は消えてしまって今年は何処にも咲かないのかなと思っていたら、家屋の周りに猫よけの為にネットを敷いたが、その傍から芽が出て葉が赤くなって来たのが最近見られ始めた。

私の中では、雑草なんだけれど抜くのは可愛そうと言う気持ちも強くて抜かずにおいたら大きな株となって来た。写真を取ろうと葉が一枚邪魔になっていたので手で葉を少し切り取ろうとしたら白い液が出て粘々とした。実は、この液はユ-フォルビンと言う毒性のもので触ると皮膚が被れたりする事が有るらしい。早々に手を洗い写真撮影をした。

syoujyou_01001.jpg

全体の姿

syoujyou_01002.jpg

花の拡大

*******************************************************
ショウジョウソウ
トウダイグサ科ユ-フォルビア属
Euphorbia heterophylla

南アメリカ(ブラジル等)原産の一年草で、花は花弁が無くあまり観賞価値が無いのだが、花の下に有る苞が赤くなり花の様に見えるのを鑑賞する植物。和名のショウジョウ(猩々草)は苞葉が赤くなる所からオラウ-タンを連想して付けられた名前。

今度は風邪

コハコベ

1月は色々と有り更新が大分滞ったりしたが、やっと復帰出来たと思ったとたんに今回は風邪をひいてしまいまたまた更新出来なかった。今年は個人的には大荒れ?の1月の様だ。もっとも気温の変動が激しく、年のせいか体がそれについて行って無いのかも知れない。新型インフルでは無かったのだが、やっと治りかけ。今が一番気をつけなければならないのだろうから十分に体調管理をしよう。

今年もやっと、スノ-ドロップが花を咲かせ始めた。地植えにして有る8株の内、三株程が先日から白い蕾を付けていたが、昨日は暖かかったので、その内の一株が開花した。近くでは、雪割草(ミスミソウ)も蕾が開き始めていた。やっと早春の花が活動を始めたので有ろう。しかし花は未だ少なく何か無いかなと見てみるとコハコベが5mm位の小さな花を咲かせていた。マクロで接写して見たのだが、三脚に取り付けなくては手が震えて中々上手く撮れないかなと思って撮って見ると何とか写真に収める事が出来た。

ハコベは、春の七草の一種で有り、七草粥の中に入れて食べる風習が有る。ハコベと言っても日本には三種のハコベが有る。コハコベ、ミドリハコベ、ウシハコベで有る。ハコベと言うと、コハコベとミドリハコベを総称している場合もあるのだが、両者は微妙に違っている。また、やや花の大きいウシハコベと言うハコベが有るが、ハコベと同属では無くてウシハコベ属(ハコベ属とする説も有り)とされている場合が有るので厳密にはハコベとは総称されないかも知れないのだが一応ハコベとここでは仲間に入れて置く。

ミドリハコベとコハコベの基本的な違いは、茎の色ではないかと思う。コハコベは通常は赤褐色で有るがミドリハコベの場合は緑色をしている。また花のオシベの数がコハコベは少ないが、ミドリハコベは多い様で有る。また、ウシハコベとハコベの大きな違いは花柱で、コハコベ、ミドリハコベの3個に対して、5個に分かれている。アップした写真はやや花柱が見えにくいが明らかに3個に分かれている。

kohako001.jpg

写真1

kohako002.jpg

写真2

*******************************************************
コハコベ
ナデシコ科ハコベ属
Stellaria media

春の七草の一種で有るが、古くから日本へ渡来した(史前帰化植物)と言う説、近年にヨ-ロッパから渡来して帰化した
と言う説が有る。春の畑、田圃の畦、道端等のいたるところで見られる多年草。ハコベはこれと似たミドリハコベと
ウシハコベが見られるのだが、コハコベは茎が少し赤褐色で有る。

正月三が日も終わり

[ホトケノザ]

正月三が日があっと言う間に終わった。明日から仕事始めの所が多い為か、Uタ-ンが始まった。国道も上り線の車も多く、高速道も上限1000円の割引きの為に多くの車が通過していた。今年の年明けは思わぬ寒さでびっくりしたのだが、本日は寒さも緩み暖かな日中となり大晦日に降り積もった雪もやっと融けた。

今年は何か正月と言う雰囲気でも無かった感じで有ったのだが、昨日は子供達が集まり久々に賑やかな一日を過ごした。日中暖かかったので、隣の畑を覗いて見ると、猫ちゃんがノンビリと草の上で昼寝をしていたが、その傍にはホトケノザのピンク色の花が沢山咲いていた。こんな風景を見ていると春??が来たかの様なのどかな感じがしたのだが、未だ冬が始まったばかり。

ホトケノザは最近は通年を通じて見られ、特に、畑から種?が飛んで来るのか自宅の花壇の中にも沢山生えて来る。この植物を抜かないと知らない間に沢山蔓延っている。見かけたら抜くのだが次から次に生えて来るのでイタチゴッコの感も有る。花自体は可愛いのだが、嫌われる雑草の一つで有る。

正月行事も、七草の行事とトンドの行事が終わると大体終わりなので有るが、春の七草と言われるものには、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベ、タビラコ(ホトケノザ)、スズシロ(大根)、スズナ(蕪)が有る。このホトケノザと紛らわしいのが小鬼田平子と言う名前のホトケノザで有る。ここで取り上げたホトケノザは葉の付き方から別名を三階草とも言う。

ホトケノザが蔓延る理由を調べて見ると、種子にエライオソ-ムと言う物質が付いているらしくて、蟻による散布が主なものらしくて、これはカタクリ等に見られる繁殖の手口で有る。カタクリの場合は種から花が咲くまでの時期が7年から8年もかかるのだが、ホトケノザの場合は直ぐに花が付いてしまい種を付けて同じ事を繰り返すのだから蔓延ってしまう。

またホトケノザは閉鎖花が多数有り自家受粉をして種子を増やすと言う方法も併用しており子孫を残す確実な方法もとっているので種子も沢山付ける事が出来る為に、場所を選ばず蔓延る事にもつながっているのだろうと思う。

2010_hotoke001.jpg

全体の姿

2010_hotoke002.jpg

花の拡大

*******************************************************
ホトケノザ
シソ科オドリコソウ属
Lamium amplexicaule

日本全土(北海道は除く?)に分布する一年から二年草。葉が茎を取り巻く様子や葉の形が仏像の座台に似ている事から付けられた名前。花は3~5月頃が盛りであるが、最近は一年中咲いているのを見かけ、隣の畑では12月頃から沢山咲いている。なお、春の七草としてホトケノザが入っているが、この植物では無く、小鬼田平子と言われるキク科の植物で有る。

念願のワ-ルドカップ本戦へ

[ドクダミ]

昨晩、サッカ-ワ-ルドカップのアジア最終予選が有り、日本はウズベキスタンとの試合で僅差では有ったが勝利をものにし、ワ-ルドカップ南アフリカ大会の切符を手に入れた。後、1年少々で本番が開始される訳であるが、日本代表の岡田監督は、ワ-ルドカップ4位以内を目指して、これからの日本代表の気構え或いは技術を高めて行かなければならない。

日本代表は後2試合残しているのだが、最終戦で同じ組のオ-ストラリアとアウェイで戦うのだが、是非オ-ストラリアを破り一位通過を目指す事が、今後に残された第1の関門で有ろう。是非とも頑張って貰いたいものである。

庭の花の中で、ドクダミが今年も沢山白い花を付けている。ドクダミ自信の臭いは強烈だが、花は好きで有る。花は白い十字状に見えるのだが、これは、総苞と呼ばれるもので、花はその中心部分に突き出している棒状の花序に沢山付く淡い黄色の小さな色をしたもので有る。

ドクダミの花が咲き始めると梅雨が近いと言う感じで、庭の除草も旺盛に成長するから大変な時期にさしかかると言う印象を強くする。言って見れば、個人的には季節の変わり目を感じられる花だと思っている。

ドクダミ特有の臭いの成分は、デカノイル-アセトアルデヒドと言う物質で、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、白癬菌等や一部の風邪等のウィルス等の活動を抑制すると言う働きが有る。しかし乾燥させるとこれらの効果は薄れる。他にラウリルアルデヒド、クエルシトリン、カリウム塩等が含まれ、抗菌作用、利尿作用、動脈硬化の予防等に効果が有ると言われている。

古来から民間薬や漢方薬として重宝されて来た。漢方では十薬と言われると言う事で有る。古来からセンブリ、ゲンノショウコ等と共に日本でも民間薬として重宝されて来たもので有る。

自宅ではお茶の変わりに、プ-アル茶とドクダミ茶を煎じて飲んでいるが、ハト麦茶との混用は血圧降下、利尿、便秘に良い様だがプ-アル茶との混用は、脂肪分解、血圧降下等に効果が期待出来るらしいが、最近運動不足気味なので、効果も運動に勝るものではないとの感覚を強く持っている。まあ飲まないより飲んだ方が位の感覚かな。

doku001.jpg

全体の姿

doku002.jpg

花の拡大

*******************************************************
ドクダミ
ドクダミ科ドクダミ属
Houttuynia cordata

やや湿った半日陰等に生育する多年草。ドクダミ特有の臭いが有るのだが、葉を乾燥させたものは臭いはあまり感じられない。ドクダミの花は花弁では無くて4枚の十字状の総苞で中心に棒状のものの中に淡黄色の花が無数に咲く。ドクダミは古来から生薬として重宝されて来た。葉を乾燥させたものは煎じてドクダミ茶として用いられて来たのだが、高血圧や動脈硬化の予防等に効果が有ると言われ、傷や腫れものには生の葉を刻んで幹部に貼って使用したり、風呂に入れれば冷え性の改善に効くとか言われている。

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。