スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月に入った

サルビア・コクネシア

なにやかんやと、忙しく日を送っていると、どうもこちらのBlogの更新がままならず前回記載したのは、ナデシコ・ジャパンのW杯優勝の記事だった。

昨日、住んでいる市会議員選挙が公示され、街宣カ-が大きな音で地区を回って来ている。暑い時だけに、聞かされる方は堪ったものでは無い。定員16名の所、21名が立候補しているが選挙の争点があまり釈然としなくて、住みよい街づくり、福祉の充実と言ったものに大体の人が主張しているのだが、実現は不透明で有る。

最近、庭の草花に夕方、打ち水を兼ねて水撒きをしているが、昨年より梅雨明けも早くて猛暑日が有るのかなと思っていたら猛暑と言える日は今のところ無い様で、ここ数日も夜の気温もやや低い感じで有り、昨年の様に花が枯れて無くなってしまうと言うことは今のところなさそうだ。

今は、ルリタマアザミが終わり、ヒゴタイの蕾が段々と色づきはじめ、サルビアスプレンデンスの赤色も少し大きくなって来た様だ。他にメランポジウムとアサガオが咲いてはいるが今年はペンタス、ペチュニア、ニチニチソウは植えて無いので少し庭が寂しい感じ。

今年は外壁の吹き付けを業者にやってもらったのだが、邪魔になると言うことで西側の窓の外に植えていた緑のカ-テンとなるべきゴ-ヤやアサガオが物置の板壁にネットを張ってはわしている。このゴ-ヤを植えていた場所は毎年、サルビア・コクネシアが零れ種で咲くのだが、今年は競争相手がいないせいか蔓延ってきている。少しピンクの花は見飽きた感じもしないわけでもないのだが、抜かずに放置して花の少ない自宅のアクセント?として残している。

08_01pink001a.jpg

全体の姿 Ⅰ

08_01pink002a.jpg

全体の姿 Ⅱ

*******************************************************
サルビア・コクネシア
シソ科サルビア(アキギリ)属
Salvia coccinea

熱帯アメリカ(ブラジル辺りか)原産の非耐寒性の一年草。こぼれ種から毎年勝手に発芽して花を付ける。この品種はおそらく、コ-ラルニンフと言うらしいのだが、筒状の萼から長い花筒を付け、先端の上唇が白で下側がサンゴ色から、そんな品種となった様だ。品種名は他にもチェリ-ブロッサムと言う名前で販売されているかも知れない?花期は長く6~11月位まで。

スポンサーサイト

快挙

[ツタバウンラン]

梅雨明け宣言が出されて、ここ毎日、熱帯夜が続き朝から暑い日が多い。台風6号が接近しており早朝からやや蒸し暑いが、早朝より女子サッカ-W杯の中継を見ていた。FIFAランク世界一位のアメリカに対してPK戦の末、ついにアメリカを破り世界一となった。素晴らしい事で今年の東日本大震災の被災地の人々や原発の事故の影響を受けて最近暗いニュ-スの多い日本の復興等を後押しすると思われる快挙である。いわゆるナデシコ・ジャパンの快挙に対して選手達に心からおめでとうと言いたい。

さて、最近場所が良いのか、ツタバウンランが相当繁殖している。それもエアコンの室外機の横に、少しどこかへ移動させてやりたいのだが毎日暑いので、そのままにしているが直径にして50cm以上になっている。

ツタバウンランは、過去にも(2009年5月17日2008年10月10日)取り上げているのだが、購入した覚えもないので、どこから飛んできたのか?分からない代物で有る。ひょつとしたら妻が人にアイビ-だとして貰って来たものが先祖返りしたものかもしれないが、何故か今年になって植えた覚えのない所に繁殖したのでちよっと驚いている。

花はゴマノハグサ科の特有の形態をしていて、小さな紫色から白紫でトキワハゼ等と良く似ている。花を最初に見たときにはマツバウンランにも似ていたが葉が異なっていたので違うだろうと思っていて放ったらかしにしていたら非常に繁殖して、ツタバウンランだと分かった。

確かに、アイビ-と言う名前も有り、コロセウム・アイビ-とも呼ばれる。また和名はツタガラクサ(蔦唐草)とも呼ぶらしくてこちらの方がこの花の名前としては有名な様で有る。葉が綺麗なのでどこかへ移植してもっと繁殖させてやろうとも思う。

tutabaun_00101a.jpg

全体の姿

tutabaun_00101b.jpg

花の拡大

*******************************************************
ツタバウンラン
ゴマノハグサ科ツタバウンラン(キンバラリア)属
Echinacea purpurea

ヨ-ロッパ(地中海沿岸)原産の帰化植物。蔓性の耐寒性の多年草で、花の形がウンラン(海蘭)に似ていて葉がツタの様な形から付けられた名前。別名はキンバラリア(シンバラリアとも言う)或いはツタガラクサ(蔦唐草)と言う。園芸種として、コリセウムアイビ-として出回っている。自宅に斑入りのものが一株鉢に植えて有るのだがそれほど増えなかったがひよっとして先祖返りしたのかも知れない。

七夕

アナベル

本日は七夕で有るが梅雨前線の影響で今夜もスッキリと晴れてはくれないと思う。七夕と言うと天の川を挟んで、牽牛と織女の一年に一回の逢瀬と言う古来の空想物語なのである。牽牛はワシ座のアルタイル(α星)で、織女はコト座のベガ(α星)で有り、夏の星空では良く目立つ。ハクチョウ座のデネブも良く目立つので、これら三つの星を結ぶと大きな三角形に見える事から夏の大三角形とも呼ばれる。

星の話になると、私が興味を持っている太陽系外惑星の話となるが、ワシ座に属する恒星の6ケに惑星が存在し、コト座に属する恒星の5ケに惑星が存在し、ハクチョウ座に属する恒星の6ケに惑星が存在する事が分かっている。昔からハクチョウ座の61番星が大きな固有運動をしていることから惑星の存在等が想定されていたりしたが、現在では連星のみで惑星は発見されていない。

今年はエレ-ニン彗星が接近してさまざまな影響が出るとの話がまことしやかに色々な所で取り上げられている。地球の終末説等も有り調べて行くと面白い。一年に一度の七夕で有るから宇宙に目を向けて色々と想像を掻き立てて見るのも良いのではないかとも思っている。

花の話題だが、アジサイの花が色んな所で咲いている。自宅も数種のアジサイが有るのだが、どうも今年は不調の年で有った。ガクアジサイやカシワバアジサイは何とか咲いたのだが、一昨年、Blogで知り合った[りんちゃん]から送ってもらったアジサイは不調で小さな花が今頃咲き始めた。また、ヤマアジサイは昨年の猛暑で水切れ?だったのか枯れてしまった。

ご近所でアナベルを植えている家が有るが、道路に面した入口付近に植えて有り白い花が特に目を引く。先日出向いた広島市立植物公園の日本庭園の前に沢山植えてあるアナベルも集団で植栽されているので見応えが有った。

アナベルは北アメリカ東部原産のアメリカノリノキの改良種で有るとの事で、ノリノキとはウツギの木の事で、ノリウツギと良く似た花を付ける事から付けられたらしい。では、アナベルの語源なのだが、Annabelはアメリカ等では女性の名前に付けられるらしいが、白い花から清楚な女性を連想して付けられたのかも知れないが、一応、園芸種で有るから最初に作出した人が連想した名前だから何とも分からない。

anabel_001b.jpg

全体の姿

anabel_001a.jpg

花の拡大

*******************************************************
アナベル
ユキノシタ科アジサイ属
Hydrangea arborescens 'Annabelle'

北アメリカ原産のアメリカノリノキの園芸種、蕾の色は緑色で、花序は大きな手毬形になる。一般に花と言われている部分は装飾花で、花びらのように見えるのは萼である。花の色は緑がかった白から真っ白へと次第に変化する。葉は卵形で、向かい合って生える。葉の先は尖り、縁には鋸歯がある。アメリカノリノキとも呼ばれるが、ノリノキとはウツギの事でノリウツギに似ているから付けられた名前だろうか?。

良いのか悪いのか?

アカンサス

良いのか悪いのか?、松本復興大臣が被災地を訪れて、震災対策に被災地が具体的に対策を出さないと国は助けないと言った内容の発言をした様で有り少し配慮に欠けた発言だった気もする。しかし何もかも国任せでは、復興は進まないと言う趣旨だと思うのだが、この大臣の発言は以前も自民党、公明党、民主党も自分は嫌いだとか言ったものも有り、復興に全力を注ぐと言った様な内容で少し物議をかもした。大臣クラスともなれば自分の発言は慎重にやらないと良いことを述べても真意が誤解されかねない事になる。

植物園の花の進化園に植えられていたアカンサスで草丈が150cmを超えていたので一際良く目立つ葉の大きさは50cm以上のものもあり、ハート形が羽根状に深く裂け、刺のような鋸歯がある大ぶりの美しいツヤのある葉でアザミの葉にも良く似ている。

アカンサスも30種位があるらしいのだが、アカンサスモリスなのかアカンサススピノ-サスなのか良く分からない花は両者とも良く似ているが葉がやや細身なのがスピノ-サスらしいが、2008年7月10日に植物公園で見た花のBlogにトゲハアザミ(アカンサス・スピノ-サス)と記載したので、多分同じものなのだろう。

アカンサスは葉が繁り庭植え等をすると大変な事になると言うのだが、現在、自宅にルリタマアザミとヒゴタイを数本同じ所に植えてあるのだが、やや棘の有る葉が繁り少し大変な事になっているから同じ様な状況になるのだろうと想像する。

acansus_11001a.jpg

全体の姿

acansus_11002a.jpg

花の拡大

*******************************************************
アカンサス(トゲハアザミ)
キツネノマゴ科アカンサス(ハアザミ)属
Acanthus spp.

地中海沿岸から小アジア、熱帯アフリカ原産の多年草。古代ギリシャ建築に使われたコリント様式の柱の頭の部分は、このアカンサスが題材となっていて、アカンサス模様と呼ばれ現在でも図案のベ-スとなっている。一般にはモリスが良く栽培されているが、スピノ-サス、ペリンギ-等が有る。

サッカ-のW杯

カンパニュラ ラプンクロイデス

現在、サッカ-のW杯の女子がドイツで、17歳以下のU17がメキシコで開かれている。U17は現在決勝ト-ナメントで、初戦のニュ-ジ-ランドを下し、18年ぶりとなる8強となり、日本時間の明後日の7月4日にブラジルと準々決勝を戦う。

一方、女子の方は、FIFAランクが世界4位で、現在、予選リ-グが実施されているが、昨日の試合でメキシコ戦に勝ち、順当に決勝ト-ナメントに進んだ。昨日は澤のハットトリック等で4点を入れ圧勝した。

男子のU22の五輪代表も6月23日にクェ-ト戦を戦い2-1で敗れたが、日本での戦いで3-1勝利していた関係で、二戦の合計が、4対3となり薄氷を踏む感じで最終予選に進出している。

一方、フル代表は9月から2014年に実施されるW杯ブラジル大会の3次予選が始まる。既に、アジア1次予選が始まっていて、ランキング下位の台湾、フィリピン、カンボジア、ネパ-ル、モンゴル等が戦っている。これを勝ち上がると2次予選へ進み、更に日本、韓国、オ-ストラリア、バ-レン等の1次、2次予選を免除された3次予選に進む。

その予選は4チ-ム5組に分かれて、上位の2チ-ム計10チ-ムが2組に分かれ最終予選に出場し、そこで上位2チ-ムがアジア代表となるが、3位だと、3位同士がアジア地区プレ-オフを実施して、勝者が大陸間プレ-オフに参加して代表の座を争う。これらは、2011年から2013年までかかるので大変で有る。しかし、女子、若手が頑張っているのでフル代表とされる選手達もW杯出場をすんなりと決めて、2014年のブラジル大会では良い成績を残してもらいたいもので有る。

先日出向いた植物公園に、カンパニュラの花が沢山咲いていた。このカンパニュラ ラプンクロイデスは寒冷地を好むらしいが、耐暑性もあり良く植えられている花で有る。カンパニュラは小さな釣鐘と言う意味を持ち、風鈴草やベルフラワ-と言う名前も有る様だ。日本の山野草のホタルブクロやツリガネニンジン等もキキョウ科に分類されているが属は少し異なる。

カンパニュラですぐに頭の中に思い起こされるのはリストのラ・カンパネラで有るが、ヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章のロンド『ラ・カンパネッラ』を主題にフランツ・リストがピアノ用に編曲し作り上げた曲である。非常に難易度が技巧的に高いらしいですが、難易度の優しい方と難しい方があるとの事だが、私はピアノを弾いてないので分かりません。しかし難易度は分かりませんが良く演奏され耳にする曲は大変好きです。

campanula_rapunc001.jpg

全体の姿

campanula_rapunc002.jpg/p>

花の拡大

*******************************************************
カンパニュラ ラプンクロイデス
キキョウ科カンパニュラ属
Campanula rapunculoides

ヨ-ロッパ原産の多年草。細身の花茎に青紫の小花を下から上までびっしりとつける 大株に育つと無数の花茎を立ち上げ見事で、こぼれダネでよく殖え群生する。草丈は50~150cm程度で、開花期は7月~8月にかけて。夏越しの難しいカンパニュラだが、ラプンクロイデスは比較的暑さに強い。寒冷地ではよく育つ。別名はハタザオキキョウとして古くから親しまれている。

プロフィール

KAN

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。