スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅が咲き始めた

[梅]


2月の終わりの日曜日に、そろそろ梅の花も見頃になったであろうと予測して、光市の冠山総合公園の梅園にでも行ってみようと思い出向いた。梅祭りを実施中で清掃協力金を100円徴収された。梅は見頃には未だと言った感じで有り、4~5分先程度で一週間程度遅い3月3日頃が見頃となりそうであった。
3月1日付けの「山と自然の旅」のメルマガには、もう少し先の方がよさそうな事が記載してあったので、それを引用しておく。
****************************************************************************************
●冠山総合公園 梅の里(冠梅園) 見頃に  山口県光市
春の瀬戸内海を見渡す園内は、100品種2000本の梅の名所
3/1現在、8分咲きと見頃を迎え、今週末から来週にかけて訪れるのがよさそうだ
2/17~3/10 梅まつり 
問 0833-74-3311 冠山総合公園
http://www.kanmuriyama-park.com/
問 0833-72-1400 光市役所
http://www.city.hikari.lg.jp/
****************************************************************************************
この日はお天気は良かったのだが、風が強くて梅を見るには少し寒く感じたのだが、流石に春の足音が感じられる日で有った。また、梅まつりの期間中と有り、正午から大正琴の演奏と神楽の公演が有り観覧する機会にも恵まれた。山口県の平生町の竹本社中と言う神楽団が、恵比寿、大蛇「八岐大蛇」を公演した。

20130201.jpg

梅園を仰ぎ見る


20130202.jpg

紅梅


20130203.jpg


白梅


20130204.jpg


イベント会場を梅林から見下ろす


20130205.jpg


神楽 [恵比寿]


*******************************************************
ウメ
バラ科サクラ属
Prunus mume Siebet Zucc.
梅は野梅系、緋梅(紅梅)系、豊後系に大別される。この梅がどの系統かは不明であるが、おそらく野梅系のものだろうと思う。
近くの梅の名所と言えば光市の冠山総合公園の梅林、或いは柳井市の臥竜梅等或いは岩国市の洞泉寺の臥竜の梅等が有名だが
他にも梅園は多く有る。

スポンサーサイト

2013年も年が明け、正月の気分も抜けた。

[ウィンタ-イルミネ-ション]


やっと正月の気分も抜けて久々にBlogの更新でもして見ようかと言う気分になったので、ほぼ一年ぶりの更新である。まあ余り見て呉れている人も居ないと思うのだが、遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

1月は花の咲いているのも少ないのですが、私の購読しているメルマガに「花の名所案内マガジン」と言うものが有りますが、2013.1.4発行分を読んで見ると、『今年は、本当に寒い冬です。スイセン、ロウバイなど開花が遅れいる場所がほとんどです。そんな中で、鹿児島・県指宿市の池田湖畔のナノハナが、見頃になりました。今月の13日には「いぶすき菜の花マラソン」が、開催され、ひと足早い春を感じさせます。
また、沖縄ではカンヒザクラが今帰仁城跡で咲き始めました。見頃になるには今月下旬ごろですが、名護市や本部町では、桜まつりが早くも今月の下旬頃から開催されます。』との記載が有りましたが、日本列島は細長く、もう春の便りの聞かれる所からまだまだこれから冬の厳しい状況を迎える所まで有りますね。

西日本で花の便りが聞かれる場所として以下の場所が掲載されていた。

○ 灘黒岩水仙郷(兵庫県・南あわじ市)
標高608メートルの諭鶴羽山から海に続く急斜面の一帯に、約7ヘクタールにわたって約500万本もの野生の水仙が咲き誇る。現在、頂上付近は見頃になって咲いていますが、傾斜地はまだ全体的につぼみです。今年は開花が遅れています。見頃になるのは1月20日前後になります。
灘黒岩水仙郷開園日
12月28日(金曜日)~2月下旬(予定)
○ 立川水仙郷(兵庫県・淡路島)
1月から4月ごろまで通して、約300万本のスイセンが太平洋に面した斜面一面に順番で咲き誇る。現在、早咲きで五分咲きで今年は開花が遅れています。全体が見頃になるのは1月下旬頃になります。
○のこのしまアイランドパークの開花状況(福岡県・福岡市)博多湾に浮かぶ島で、季節の花々が楽しめる。現在、スイセンが咲き始めです。サザンカ、サルビアが見られます。
○野母崎水仙の里公園(長崎県・長崎市)
九州の最西端にある長崎半島の先端に位置する野母崎総合運動公園。園内にあるのが「水仙の里公園」。ここには
1千万本のスイセンが植えてある。現在、スイセンが3分~4分咲きです。昨年、公園の半分が植え替え工事により、開花している地域は、半分になっています。見頃は中旬頃になりそう。工事をした場所の見頃は開花が遅く、今月の下旬以降になりそう。
○池田湖畔のナノハナ(鹿児島・県指宿市)
日本で一番早く咲くナノハナが12月中旬から咲き始める。池田湖に咲く約100万本のナノハナは開聞岳をバックに、藍色の水面に黄色が映え、見事な眺めが楽しめる。現在、見頃になっています。1月13日「いぶすき菜の花マラソン」

スイセンの花の話題が多いですが、そう言えば島根県益田市鎌手海岸にもスイセンが沢山植えられていたなと思いだし益田市のHPの地域振興センタ-(鎌手地区振興センタ-)記載の記事を見てみると、『2012.12.25現在ではまだまだつぼみは硬く、花は開きません。つぼみの状態でお正月を迎えるようです。1月中旬から下旬が見頃になるのではないかと見ています。気温は低いのですが、太陽が水仙公園を見守っているようでした。』

まだまだ花の咲く時期ではないのですね、「花の名所案内マガジン」の中国地方の情報の中に、庄原市の国立備北丘陵公園の事が記載され明日迄がウィンタ-イルミネ-ションが行われているらしいので、取り上げる花の記事も無いので昨年12月に出向いたものを今回は取り上げて置こうと思います。それよりも先にも広島市立植物公園のイルミネ-ションも見に出向いているが今回は備北丘陵公園を掲載しようと思う。

庄原に出向くのは私の場合、雪の無い状態で高速道路が冬タイヤ規制をされて無い状況の時に行くしかないので、かつ、土日のどちらかと言う状況で日が限られていたので、少しお天気が悪かったが、昨年12月22日に出向いた。
昨年の春に訪れて以来で有るが、その折は広い園内をレンタ-サイクルを使って移動したが夜間は当然危険が有る
ので営業は中止で、メイン会場となる「ひばの里」付近のイルミのみを鑑賞した。結構な人出で少し早めに出向いた事も有り第一駐車場に駐車する事が出来たのだが、案の定、小雨が降ったりやんだりの状態だった。傘を持参して何とかイルミを堪能する事が出来た。また「ひばの里」のおしるこを販売している建物内は大変な混みようで、席を確保するのも大変だった。

201301_001.jpg


メインイルミ「空の世界」の遠景


201301_002.jpg

大空を舞う白鳥


201301_003.jpg


かぐや姫のイルミとひばの里の建物


*******************************************************
○ 1/4現在●ウインターイルミネーション2012(広島県・庄原市)
開催場所は大きく2箇所。「中入口会場(中の広場、ひばの里)」では「空の世界」をイメージに「銀河旅行」
のビックパネル、森全体が輝く光る森等で表現します。大空を舞う白鳥をかたどったイルミネーションも3基登場
します。開催期間:2012年11月17日(土)~2013年1月6日(日)
【問い合わせ先】備北公園管理センター

一安心

ナノハナ


先日、広島市内を通っていたら、やたらと警官やパトカ-が多いので何が有ったのだろうと思っていたのだが、中区の吉島に有る刑務所から脱走した囚人がいたと、その夜のニュ-スで知った。朝の点呼で居ない事が判明したらしくて、防犯カメラにも犯人が逃走した時の様子が映し出されていたそうである。しかし、犯人は警備の盲点と言うか弱点を突きまんまと刑務所の塀を乗り越えて逃走したそうで、3日間逃走していたが昨日やっと逮捕された。

今回の事件は、刑務所における管理体制の甘さを露呈した事で、二度とこんな事件が起きない様、管理体制の早急な見直しを行い再発防止に努めて欲しいと思っている。しかし、刑務所が市内の比較的住宅地に近い所に有るのも問題が有るのかも知れないのだが、刑務所を郊外に建設するのにも最近は反対運動が起きるのでなかなか難しい。

話は変わるのだが、先日、竹原市内から呉市方面へ向かう国道185号の瀬戸内海沿岸をドライブしていたら、菜の花があちらこちらに咲き始めていた。菜の花と言えば春を感じさせて、くれる花の代表でもあるが、植物園等の花の観賞施設では秋の終りの頃から咲かせている。
お天気も良く春を思わせる感じで、大崎上島、大崎下島や下蒲刈島等が展望出来る場所が有った。何だが非常に気持の良い一日だった。

kure_hashi001.jpg


大芝橋


ナノハナは広い意味では、アブラナ科の野菜等に咲く花の総称としてとらえる事が出来るのだが、一般的にはアブラナの花の事で有る。アブラナはアブラナ科アブラナ属の二年性植物で菜種油等を取る西洋アブナラや和性のアブラナが有る。現在の菜の花畑のナノハナはほとんどが西洋アブラナと考えられる。

未だ1月中旬で有り自宅の花々も休眠中のものも多いのだが、早く温かくなって多くの花々を見たいものであるのだが、寒さも未だこれからと言った状態で春の桜の季節迄はまだまだ程遠い状態です。

20120113001.jpg


全体の姿


20120113002.jpg


花の拡大


*******************************************************
アブラナ
アブラナ科アブラナ属
Brassica rapa L.var.nippo-oleifera

西アジアから北ヨ-ロッパ原産の農耕地の雑草だったものが、野菜として栽培され始めた。日本でもおそらく中国から伝来し弥生時代の頃には栽培が始まっていたものらしい。ナノハナの花が咲いているといかにも春が到来したと言う感じとなり日本各地で沢山の花が植えられて観光名所になっている所が多い。まずは、鹿児島県指宿市付、愛知県渥美半島等の比較的暖かい所で1月頃からナノハナ祭りが始まり、季節が春に近づくに連れ、開花の地域が段々と北上する様で有る。
花は1~5月頃まで見られ、桜の季節には桜の淡いピンクとナノハナの黄色のコントラストが良く桜の巨樹と言われている周りに植えられている所も多い。

2012年も年が明け、既に1月も中旬近く経ってしまった。

ソシンロウバイ


最近、ちょっとサボりぎみですけど、細々とでも続けて行きたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
前回更新からちょっと間があいてしまいました。1月は花の咲いているのも少ないのですが、そろそろロウバイでも咲いてないかなと思い光市に有る冠梅林に成人の日の祝日にドライブがてら寄って見ました。

途中で旧大和町に有る伊藤博文公の記念館に寄り道してみると、かなり昔に行った時に比べて整備されてました。

(注※)ただ旧別邸として建てられていた建物内には無料で入館出来ましたが、隣接した生誕した旧家と旧邸の間に記念館が出来ていて以前に旧邸に有った所蔵物はそちらへ移されて、入館料を払わないと見れない状態となってましたが、所蔵品の保管管理から致し方ないのかなとも思いました。

kyutei001.jpg


伊藤公 旧別邸


注※伊藤博文公は、最初は林利助と言う名前で有ったが、父が毛利藩(現在の萩市)の足軽の伊藤家に養子?として入った事から伊藤利助と変わり、伊藤俊輔と名前を変えた。松下村塾で吉田松陰の教えを、身分が低いと言う理由等から塾外で聞いて勉学したらしい。その旧家は現在も萩市に保管されているので、こちらは生家と言うことになる。

kyutei002.jpg


生家



その後、冠梅林に寄って見ましたがロウバイの花は咲いてはいたもののまだ蕾の状態が多くて、少し早かったのかなとも思いました。

ロウバイは、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイ、ロウバイ、アメリカロウバイ等が有るが、ロウバイとソシンロウバイの見分けは簡単に付くのだが、ソシンロウバイとマンゲツロウバイの見分けは付きにくい。またアメリカロウバイはロウバイと言われるイメ-ジから遠くて、これがロウバイなのって思ってしまう暗紫色の花で有る。

20120112001.jpg


全体の姿


20120112002.jpg


花の拡大


*******************************************************
ソシロウバイ
ロウバイ科ロウバイ属
Chimonanthus paraecox f.concolor

中国原産の落葉低木で有る。花は黄色の蝋燭細工の様なものが、早ければ12月末頃から咲き始めて1月中旬頃に満開となる。一応、蝋梅とは区別されるのだが、広義の使われ方としてロウバイとひっくるめて呼ぶ事が有る。ロウバイとの区別点は花の中央部分がロウバイは暗紫色で有るが、ソシンロウバイはそれが無い。

植物公園の夜間開園

ポインセチア

12月に入ると何かと慌しく過ぎていく。12月の初旬に植物公園に出向いた時に、イルミネ-ションの準備をしていたので、12月の土曜日のみ夜間開園と言う事でライトアップするとの事で土曜日に出向いた。
普通の植物散策路は流石に通行止めがして有り暗いので少し危険性を考えているのだう。大温室、ベゴニア温室、フォクシァ展示温室、サボテン温室は公開されていたが、入っている人は少なかった。
リハ-サル風景が植物公園のHPに掲載されていたが代表的なイルミネ-ションを掲載する。

ilumination001.jpg

イルミネ-ションⅠ

ilumination002.jpg

イルミネ-ションⅡ

ilumination003.jpg

イルミネ-ションⅢ

クリスマスに何故ポインセチアが飾られるのか、調べて見ると、日本ポインセチア協会に詳しく記載されている。要約してみると「ポインセチアの原産地のメキシコにTaxcoと言う所が有り、インデオが薬用として栽培していたが、17世紀になってフランシスコ修道会の僧のグル-プがtaxco付近に住みついたが、ポインセチアの色と咲く時期から聖pesebreのお祭りの行列の花として使われる様になり、ヨ-ロッパへ伝わった。
ポインセチアが見事に赤く見えるのは花では無くて包葉で、花は中心にある、やや黄色がかった杯状花序の萼状花で有る。また、包葉は赤色だけで無く白色も有り葉脈に沿って赤色に白色の斑が入ったものが有り。クリスマスに因んでか、ジングルベル、アイスパンチ等と呼ばれる品種も有る。写真のポインセチアは斑入りの品種で有るが詳しい品種名は分からない。

poincet11001.jpg

全体の姿(白色の混在した品種)

poincet11002.jpg

花の拡大


*******************************************************
ポインセチア
トウダイグサ科ユ-フォルビア属
Euphorbia pulcherrima

メキシコ原産の常緑低木。花は小さく杯状花序の萼状花、その下に有る包葉が赤く染まって美しい。名前の由来はアメリカの初代メキシコ公使のJ.R.ポインセットがメキシコに自生していたのを発見したのに因んで付けられた。日本へは明治の頃渡来した、和名は猩々木。クリスマスシ-ズンに使われるのは、ヨ-ロッパに伝わった時に、この葉の赤い色がキリストの血と言うことで、元々赤色を飾る習慣がクリスマスの頃に有り、ポインセチアが代替とされた。

プロフィール

Author:KAN
KANの花日記へようこそ、毎日一つの花に限定して日記風に花の事、日常のちよっとした事等を書いています。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。